待合室へ



歯周病

歯と歯茎のあいだに細菌が入り、歯茎の中の歯槽骨と呼ばれるアゴの骨を溶かす病気を歯周病といいます。放っておくと、歯が抜け落ちてしまいます。また、治るのにも時間がかかるので、根気よく治療を続ける必要があります。原因や主な症状、治療法などについて説明していくことにしましょう。

どんな病気?

歯に関する病気の中でも、歯周病に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。この歯周病という病気は歯肉や顎骨、歯根といった歯周組織に炎症が起きてしまうものです。歯槽膿漏、歯周炎、歯周疾患など、いくつかの呼び名があります。細菌が入り込むことによって歯茎がやせ細り、歯がグラグラになります。何も治療しないでいると、最終的には抜けてしまいます。


歯周病の原因には、さまざまなことが考えられます。中でも一番大きな原因は、食べカスだといわれています。最近の若い人はやわらかいものを多く食べているのでアゴが弱い…とよくいいますが、やわらかい食べ物は歯のあいだに食べカスがたまりやすくなっています。高齢者にも同じことがいえるでしょう。高齢になると噛む力や飲み込む力が弱まるため、やわらかいものを多く食べます。それで、歯周病の原因をつくってしまうのです。また、食べカスは歯垢や歯石とも大きな関係があります。そのほか、高血圧や糖尿病、血液疾患などの全身性の病気も原因の1つです。全身性の病気にかかることで、抵抗力が弱まり、歯周病を引き起こしやすくなります。

主な症状

歯周病の初期症状として、歯肉炎が見られます。歯茎がはれたり、歯磨き時に少しの出血があるなど、歯肉炎の症状が出たあと、独特の口臭が目立ち始めます。この口臭は正しく歯磨きをしたり、マウスウォッシュなどでうがいすると治まる場合がありますが、一時的なものなので、またしばらく経つと症状があらわれるでしょう。もう1つ歯周病の特徴的な症状といえば、歯がグラついてくること。ですが、この症状に気づく人は少ないといいます。舌で触って動くようなら、だいぶ重症です。まだ、気づかない程度であれば、人差し指と親指で歯をはさんで左右に軽くゆすってみましょう。これで症状の程度をチェックできます。

検査と診断

歯周病の診断は問診のほかに、歯茎の検査と骨の検査を行います。どちらも痛みを伴う検査ではないので、安心して受けることができます。

歯茎の検査

まずは、プロービングという検査を行います。これは、専用器具を歯周ポケットに入れて、深さを測ったり、歯や歯茎の内側の状態を診ます。そのほか、骨が溶けていないか、歯茎がやせていないか、それから歯の揺れ具合を調べます。さらに、奥歯の歯根のあいだの骨がなくなっていないかも大事なチェックポイントになります。

骨の検査

骨の検査では、X線検査によって口の中の全体的な骨の状態を調べます。次に、歯1本ずつの骨の状態を確認していきます。視診や触診では発見できなかった炎症部分などをすぐに確認することができます。

治療法

歯周病の基本的な治療法は、歯肉炎と同じく“正しい歯磨き”になります。きちんとした歯磨きができるようになるまで指導を受けます。正しく歯磨きができるようになったら、歯石の除去を行います。この歯石除去の治療は、歯石の付き具合にもよりますが、1~5回ほどやります。重い症状の場合は、外科的治療を施す場合があります。歯周病が進むと、歯周ポケットが深くなり、奥のほうに歯垢や歯石がつきます。基本的な治療だけではそれらを取り除くことができません。そこで歯肉を切開し、奥にある歯垢や歯石、炎症が起きている組織をキレイに取り除きます。いくつかの手術法がありますが、状態に合った治療を受けるようにしましょう。また、常に口内環境を整えておくことを忘れないでください。


ページの先頭へ