待合室へ



歯肉炎

歯茎に何らかの炎症が起きた状態を歯肉炎といいます。初期症状がほとんど見られないため、病気に気づかないことも少なくありません。症状が出た頃には、とても深刻な状態になっていることも…。原因や主な症状、治療法などから、歯肉炎がどのような病気なのかを説明していくことにしましょう。

どんな病気?

歯周組織の1つである歯肉に炎症が起きたものを歯肉炎といいます。正確には、歯周病の初期段階が歯肉炎となります。この歯肉炎はモノを食べているときに変な音がしたり、歯に痛みを感じたりするわけでもないので、軽いうちは気がつかないことも多いでしょう。だからこそ、恐ろしい病気だともいえます。知らぬ間に病気が進行し、歯周病へと発展する可能性もあります。そうなると治療にも時間がかかるため、そうなる前に食い止めなければなりません。


ところで、歯肉炎は何が原因で発症するのでしょう?その原因の多くは、たまった歯垢によるものと考えられています。要するに、口の中の不衛生さが原因ということになります。そのほかに、ホルモンの変化や服用している薬の副作用などによっても引き起こされます。また、口内炎や舌炎といった口腔内に起こる別の病気が原因となったり、精神的なストレスによって発症する場合があります。

主な症状

歯茎のはれが見られ、「歯周ポケット」と呼ばれる歯茎から歯槽骨までの深さ深くなっているというような症状が認められます。“歯茎が少しはれているかな?”という程度で、別に痛みなどの症状はありません。歯肉炎にはさまざまな種類がありますが、ここでは大きく「単純性歯肉炎」と「複雑性歯肉炎」に分けて見ていきたいと思います。

単純性歯肉炎

単純性歯肉炎というのは、歯垢が蓄積して起こるものです。歯茎のはれがあるくらいで、他にはほとんど症状は見当たりません。子供から高齢者まで幅広い年代で発症します。ごくたまに歯茎がむずがゆかったり、歯磨きで出血する場合があります。

複雑性歯肉炎

この複雑性歯肉炎は、妊娠や服用している薬などによって起こるものです。妊娠性のものは妊婦さんの約半数がなるとされ、特に妊娠2~3ヶ月のあいだによく見受けられます。一方、薬物性の場合は、高血圧やてんかんの薬を服用している人に症状があらわれます。

検査と診断

歯肉炎を診断するためには問診、視診、触診、それから場合によってはX線検査を行います。たいていは、これらの検査で比較的簡単に診断することができます。一般的には痛まないため、気づきにくく、病院を受診するのも遅れがちになりますが、ちょっと歯茎に触れてみてブヨブヨしているようなときは、早めに受診しましょう。ちなみに、歯肉炎の検査は痛みを伴うものではありません

治療法

歯肉炎に対する一番効果的な治療法は、正しく歯磨きをすることです。病院でしっかり歯磨きのやり方を教えてもらいましょう。また、専用器具を使って歯垢や歯石を取り除くことも有効な治療法になります。歯肉炎の治療には麻酔も使いませんし、痛い思いをこともありません。なので、ためらわずできるだけ早めに受診してください。


病院に行って、歯磨き指導をしてもらい、歯垢・歯石を取ってもらったからといって、すぐには治りません。家でも指導されたことを思い出しながら、毎日きちんと歯磨きを続けることが大切です。さらに、染め出し液を使って、しっかり磨けているかをチェックしてみるといいかもしれません。せっかく治ったと思っても歯磨きをサボると、再発する可能性もあります。再発防止のためにも、定期的な口腔ケアを受けることを心がけましょう。


ページの先頭へ