待合室へ



虫歯

虫歯は子供から大人まで、誰しもが悩まされる歯の病気です。甘いものが大好きな人、歯磨きが嫌いな人などは特に注意しなければなりません。歯医者に行くのを拒み、虫歯を放っておくと、最終的には抜かなければ駄目なハメになります。ここでは、虫歯の原因、主な症状、治療法などについて説明していきます。

どんな病気?

私たちの口の中にはいつもミュータンス菌という細菌がいて、それが歯をやわらかくして溶かしていきます。虫歯は、こうして歯をダメにしていく病気です。虫歯は年齢や性別、時季などに関係なく、多くの人の悩みの種といえるでしょう。放っておくとやっかいなことになる虫歯ですが、一体何が原因で発生するのでしょうか?原因として口の中の細菌のほか、甘い食べ物やもとから虫歯になりやすい歯などの要素が重なり合っていることが挙げられます。


特に、甘いものを含めた食べ物は虫歯の大きな原因になります。歯についた食べ物の汚れをしっかり落とさなければ、汚れが何層にも重なり、細菌とともに歯の表面に付着します。この付着物を歯垢(プラーク)といいます。プラークに含まれる糖分が細菌で分解され、酸ができます。そして、この酸が歯の表面にあるエナメル質を溶かします。この状態を脱灰(だっかい)といって、初期の虫歯になります。


さらに、臼歯(きゅうし)の噛み合わせ面、歯同士の隣接面、歯と歯茎の境目の部分などに歯垢がたまりやすく、虫歯のできやすい歯になります。これらの部分は歯磨きしにくい場所のため、余計に虫歯にしてしまう確率が高いです。なので、歯磨きの際には、この部分を重点的にきちんと磨くようにしましょう。

主な症状

虫歯の症状は、とてもゆっくり進行していきます。エナメル質の脱灰から始まり、象牙質、歯髄(しずい)へと少しずつ広がります。まだ虫歯がエナメル質にとどまっているうちは、症状はほとんど見られませんが、歯の表面の色は茶色がかったり黒っぽくなったりします。象牙質にまで炎症が広がると、冷たいものがしみたり、かたいものを噛んだ際に軽い痛みを感じたりします。また、エナメル質が溶けて穴が開くといった症状が出ます。さらに歯の表面がザラつく場合もあります。やがて歯髄にまで達すると、はっきりとした痛みがあらわれます。場合によっては歯髄炎(しずいえん)を併発して、強い痛みを感じるようになります。こうなると、水がしみたり、食べ物を噛むとズキンとした痛みなどの症状で食事もままなりません。

検査と診断

虫歯の診断は、まず問診で痛みがあるかどうかを確認し、見えない部分に虫歯ができていないかどうか、歯を診察します。隠れた部分に虫歯が疑われて、肉眼で確認できない場合にはX線検査を行います。X線検査を行うことで歯や歯茎の状態、虫歯の深さがよくわかります。半年~1年に1回は歯科健診を受けることをおすすめします。ただX線検査は毎回行うわけではなく、症状を診ながら必要に応じて行います。視診、触診、X線検査以外に検知液検査、電気的抵抗値の測定、レーザーを用いての検査などを行うこともあります。

治療法

虫歯は、できることなら痛みが出る前に治療を始めることが大切です。象牙質に達する前に治療することができれば、フッ素を利用してエナメル質を自己修復(再石灰化)できます。フッ素配合剤を歯面に塗る治療と同時に、フッ素洗口液を使ってうがいを行います。もし、虫歯が象牙質まで進んでしまった場合には、歯に穴を開けて内部の虫歯になっている部分を取り除き、そこに充てん材(詰め物)を詰める治療をしなければなりません。また、神経にまで達してしまっているときは、麻酔をかけて神経を取ってしまいます。神経を取ってしまうと、もう痛みを感じることはありません。早期治療することで、歯の強度を維持して歯髄へのダメージを食い止めることができます。

予防法

歯医者さんで怖い思いをしないで済むためには、予防が第一です。虫歯の予防法は甘いものをできるだけ控えること、食後は必ず歯磨きをすること…この2つが重要になります。甘いものの食べすぎは虫歯のもとになるので気をつけましょう。食後の歯磨きは面倒…と、ついサボってしまう人もいるのではないでしょうか。毎食後1日3回プラスおやつのあとにも磨くのが理想的です。それができないときは、うがいをしたり、水やお茶を2~3口飲むだけでもずいぶん違います。虫歯のせいでちゃんとした食事ができないことで、何か他の病気が出てくることもないとは言い切れません。日頃から歯の健康にも気を配るようにしてください。


ページの先頭へ