待合室へ



口唇裂

顔面に関する異常でよく見られるのが、口唇裂です。これは先天性の病気で、遺伝性が強いと考えられています。口唇裂があると見た目がよくないだけではなく、ミルクを飲みにくいなど不便が生じるので早めの手術が必要になります。ここでは、主な症状や治療法などから、どのような病気なのか見ていきましょう。

どんな病気?

口唇裂とは、生まれつき上唇が割れているという病気です。体の表面にあらわれる先天性の異常の中では一番多く見られる病気で、早いうちに手術しなければなりません。普通は生まれてくるまでにくっつくはずだった唇がくっつかないまま生まれてきてしまうのです。日本では、500~600人に1人という割合で発症します。私たち人間の顔は、さまざまな突起の組み合わせでできているため、当然割れ目も生じてきます。なので、胎児期はみんな口唇裂の状態といえるでしょう。このことから、誰にでも口唇裂になる可能性はあるということになります。

主な症状

口唇裂の症状は、上唇に切れ目ができるため、見た目ですぐにわかります。また、その状態も片側に切れ目がある片側口唇裂、両側に切れ目がある両側口唇裂、さらには、切れ目が上口唇の途中で止まっている不完全口唇裂、鼻孔の部分まで裂けている完全口唇裂があります。そのほか、顎裂(がくれつ)と呼ばれる歯茎のところまで切れている状態になっていたり、口蓋裂(こうがいれつ)と呼ばれる上アゴのところまで切れている状態が併発する場合があります。口唇裂が生じると、外見が損なわれること以外に、ミルクを飲みにくいなどの哺乳障害やうまくしゃべることができないといった言語障害、それから呼吸困難などの症状が認められます。また、口蓋裂を併発している場合には、哺乳障害などの症状も比較的重いことが多く、生まれてすぐ栄養や呼吸の管理をしなければなりません。

検査と診断

出生後はその外見で、すぐに口唇裂だということがわかります。そのため、赤ちゃんが生まれてから、この病気を確定診断するための検査は特に行われません。口唇裂は先天性の病気とされていますが、出生前に口唇裂がどうかを知りたい場合は、何か方法があるのでしょうか?一般的には、超音波検査で診断します。普通の妊婦健診で超音波検査を受けたときに偶然見つかることもあれば、最初から胎児の口唇・口蓋裂を見つける目的で超音波検査を受けることもできます。後者のケースでは、特にどこまでの範囲で胎児についての情報提供を望んでいるのか、夫婦間や医師とも十分に相談したうえで、出生前診断を受けるようにしましょう。

治療法

赤ちゃんが口唇裂をもって生まれたら、できるだけ早いうちに外科的治療(手術)を行う必要があります。放っておくと後々さまざまな症状が見られ、後遺症が出ることも考えられます。早期に手術をしてしっかり治療を受ければ、ほとんど何の支障もなく、普通の日常生活を送ることができます。治療法としては、生後3ヶ月くらいの時期に口唇形成術を行います。以前は術後、上唇に大きな傷跡が残ってしまい兎唇(みつくち)などといわれていましたが、今では治療法が進歩したことで傷跡もほとんど目立たなくなりました。


口唇裂のみの場合は1回の手術で治療することができますが、口蓋裂を併発しているケースでは、1歳~1歳半くらいまでに手術しなければなりません。言語に影響してくるので、もし発音がおかしいときは、言語訓練が必要になってきます。また、口唇裂にしても口蓋裂にしても上歯茎まで切れていることが多く、歯並びや噛み合わせに問題を抱えていることも少なくありません。このため、10歳頃からは歯科矯正の治療も行われます。


ページの先頭へ