待合室へ



口臭

普通は気にならない口臭もひどくなると、自分だけでなく周囲にも不快な思いをさせてしまうため、注意しなければなりません。人との会話を避けるようになるなど、時には精神的にも影響を及ぼすこともあります。また、口臭が他の病気の原因になっていることも…。ここでは、主な症状や治療法などを説明しましょう。

どんな病気?

口臭とは、一般的に呼気に混ざったニオイのことをいいます。そのため、病名ではなく、状態を指します。この口臭…自分で気づく人もいれば、まわりに言われて初めて気づく人もいます。また、本当は口臭がないのにあると勝手に思い込んでいる人もいるでしょう。私たちにはもともと生理的口臭があって、それは起床時や空腹時、それからニンニクなどニオイの強いものを食べたときに発生します。一方で、病的口臭というものがあり、多くの人が悩まされています。その原因には虫歯や歯周病、口内炎といった口腔内の病気のほか、口腔内の不衛生や乾燥なども挙げられます。さらには、副鼻腔炎や扁桃炎、肺炎、肺膿瘍、胃炎、糖尿病、白血病などの病気も口臭の原因となります。

主な症状

さまざまな原因が考えられる口臭ですが、特に多いのはやっぱり歯周病や舌炎などの口腔内の病気ではないでしょうか。主な症状といっても、口の中から漂う嫌なニオイくらいしかないのですが、他の症状としては舌を見てみると、舌苔(ぜったい)がついていることもあります。舌苔とは舌につく汚れのことで、歯垢と同じものといえるでしょう。鏡に向って舌を出したときに白いものがついていたら、それが舌苔です。舌苔は食べカスや舌からはがれた細胞、口内の細菌がもとになります。この舌苔も口臭の大きな原因の1つになるのです。体調の悪いときやおさけ・清涼飲料水を飲み過ぎたとき、刺激物を食べ過ぎたときなどに舌苔がつきやすくなるので、気をつけましょう。

検査と診断

口臭を診断するには、いくつかの検査方法があります。大きく3つに分けられますが、いずれの検査も痛みは伴いません。下記の検査以外に、唾液の分泌量や口腔内の水分量の測定、尿検査などが行われます。口臭診断では、その原因を突き止めることがポイントとなります。

ガスクロマトグラフィー

ガス分析装置を用いた検査になります。この機械による検査は、今のところ設備が整っている大学病院でのみ使われています。

半導体ガスセンサー

この機器を用いた口臭検査は、ごく一般的なものになります。口の中の揮発性硫黄化合物を測定します。

官能検査

医師が直接患者の口のニオイをかいで、ニオイの強さや質を調べるのが官能検査になります。スクリーンとチューブを用いて、チェックします。

治療法

口臭の治療法は、その原因を取り除くことが先決になります。歯周病や虫歯など口腔内の病気を治療することで、口臭は和らぎます。さらに鼻、咽頭部、副鼻腔、肺関係の病気が引き起こす口臭の場合は、専門科医による治療が欠かせません。もちろん糖尿病や胃炎などの病気からくる口臭の治療も、まずはもとになっている病気の治療が重要です。それから、自分の思い込みによる口臭の場合は、周囲との会話を避けたり、強迫観念にとらわれることがあるので、早めに心療内科または心療歯科で診てもらうことをおすすめします。


病院での治療のほか、口臭はセルフケアすることもできます。毎日の歯磨きをしっかりやり、ニンニクや玉ねぎなどニオイの強い食べ物はできるだけ控えましょう。また、口臭の大きな原因となる舌苔を専用のブラシで除去することも効果的です。今はさまざまな口臭防止スプレーなどは市販されていますが、これらは一時的な効果しか得られず、これで完全に口臭が治るというものではありません。


ページの先頭へ