待合室へ



口角炎

口角炎は、口内炎の中に含まれている病気の1つになります。ただ、口内炎の多くはその名のとおり、口の中に炎症が起きますが、口角炎は口の表面に見られます。口の端が切れて痛むのがこの病気の特徴です。ここでは、原因や主な症状、治療法などを見ていくことにしましょう。

どんな病気?

風邪を引いたり、胃の調子がよくないときなどに、口角炎になってしまう人もいるのではないでしょうか。誰しも経験したことがあるポピュラーな病気といえます。口の両端が切れてしまい、口を開けると痛む…そんな口角炎の原因は、一体何なのでしょう?原因として考えられるのはブドウ球菌を細菌類や、カビの一種カンジダ、ウイルス、薬剤などがあります。さらに、アトピー性皮膚炎やビタミンB2欠乏症、糖尿病、慢性の下痢というような原因も挙げられます。口角炎は基本的には子供から大人まで幅広い年代で発症しますが、その中でも特に小さな子供と高齢者に多く見られます。子供では男の子、高齢者では女性に発症しやすいといわれています。

主な症状

主な症状としては、口の両端にただれができたり、亀裂が入ったりして、かさぶたがついた状態になります。ただれのことを「びらん」とも呼ぶため、口角炎ではなくて「口角びらん」ともいわれます。アトピー性皮膚炎から発症した場合は、口唇炎を伴っていることがよくあります。また、口のまわり全体が乾燥してカサついた感じになります。軽い症状の場合は、痛みのせいで少し口が開けにくくなる程度ですが、炎症が進んで症状が重くなると口が開かず、しゃべることも食事をとることもままならなくなってしまうことも…。そのほか、赤い発疹、はれなどの症状が出ます。

検査と診断

口内炎と同じように、口角炎に関しても問診と視診で比較的簡単に診断することができます。ウイルスや細菌にかんせんして発症したと思われる場合には、細菌培養検査を行い、原因を特定します。また、何らかの基礎疾患が原因で発症したのであれば、その基礎疾患について詳しく検査する必要があります。原因さえ判明すれば、すぐに治療をはじめることができます。

治療法

治療法も基本的には、口内炎と同じになります。口腔清掃と軟膏を使った治療を行います。口を開けるのが苦痛で、歯磨きが十分にできないときもあるかと思います。そんなときでも口腔清掃をしっかりするために、うがい薬を使ってうがいするようにしましょう。同時に軟膏を用いた治療を行うと、より効果的です。そして、ブドウ球菌などの細菌が原因の場合は、抗生剤を服用しなければなりません。一方、他の病気の症状として口角炎が出ているのなら、元になっている病気の治療を行っていきます。そうすることで、口角炎の症状も治まります。

予防法

十分な睡眠、栄養バランスのいい食事、適度な運動など…規則正しい生活を心がけましょう。特に食事の際にはお茶や味噌汁、スープなどの熱いものやワサビ、からし、カレーといった香辛料などもできるだけ控えたほうがいいでしょう。さらに、醤油や塩を使った濃い味のものも再発を引き起こします。それから「どんな病気?」の項目でも触れているように、ビタミンB2欠乏症が一因とも考えられているので、とにかくビタミン補給が何よりの予防法といえるでしょう。柑橘類をはじめ、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜、ひじき、わかめ、レバー、牛乳などを多く取るようにしてください。ただ、ビタミンを柑橘系の果物から取ろうとして、たくさん食べようとすると患部がしみて痛みが増すおそれがあります。なので、ジュースにして少しずつ飲む…というような工夫が必要です。


ページの先頭へ