待合室へ



口腔がん

口の中にもガンのことを「口腔がん」といいます。一口に「口腔がん」といっても、そのなかには口腔関係のさまざまなガンが含まれています。ガン全体から見ると、この病気の発病率はとても低いこともあって、知らないことも多いでしょう。ここでは、主な症状や治療法などを説明しましょう。

どんな病気?

さまざまなガンの中でも発病率が低いのが、「口腔がん」といわれています。「口腔がん」は腫瘍ができる場所によって、いくつかの種類に分けられます。舌に発生する「舌(ぜつ)がん」、歯と歯茎のあいだに発生する「口腔底がん」、歯茎に発生する「歯肉がん」、頬の内側の粘膜に発生する「頬(きょう)粘膜がん」、口の上ぶたに発生する「硬口蓋(こうこうがい)がん」などがあります。「口腔がん」のうち、日本で一番多いのは「舌がん」で、「口腔底がん」、「歯肉がん」と続きます。「口腔がん」の大きな原因の1つに、口の中の不衛生が挙げられます。

主な症状

「口腔がん」の初期症状は、痛みや出血などは見られません。ただ、かたいシコリが触れて、一度できた口内炎がなかなか治らなかったりもします。シコリがやわらかい場合は、良性腫瘍と考えていいでしょう。症状が進むと、次第にシコリが外側へ大きくなっていったり、深い部分に入り込んでいったりします。なかでもシコリが深い部分にいってしまっている場合、想像以上に病気が進行していることも少なくありません。こうなると、痛みや出血といったハッキリとした症状が見られます。このほか、しゃべりにくくなる、口が思うように開かなくなってモノが食べにくくなるなどの症状が出ることがあります。また、ガンが頚部のリンパ節に転移してしまうと、アゴの下や首のリンパ節のはれが認められます。さらに、口の内側の粘膜が白くなったり、または赤い斑点ができて、痛みを感じたりする場合も「口腔がん」が疑われます。主な症状が痛みのため、口内炎が虫歯などの病気と間違うこともあるので注意しましょう。

検査と診断

「口腔がん」の診断は、視診と触診を中心に行います。最初にこれらの検査を行い、もし疑わしいところがあれば、細胞診や生検でより詳しく調べていきます。また、ガンの種類によって検査方法も異なります。たとえば「歯肉がん」では、アゴのX線検査が効果的とされています。加えてCTやMRI検査も周囲組織への浸潤を確認するのに有効ですが、場合によっては、歯の治療の際に使った金属がジャマをして、きちんと撮影できないこともあるため注意が必要になります。「硬口蓋がん」の場合、鼻腔内へ浸潤していないかを確認するために、鼻咽腔内視鏡を使った検査を行います。「舌がん」では、時々食道や胃などに早期のガンが見られるケースがあるので、必要に応じて消化管の内視鏡検査を行わなければなりません。

治療法

「口腔がん」に対しては、どの種類のガンでもほとんど手術が主な治療法になります。早期発見などで腫瘍がまだ小さければ、手術だけで治療することができますが、そうでなければ手術のほかにも放射線や抗がん剤を使った治療を組み合わせて行います。手術で摘出部分が広範囲にわたった場合は、骨と口の中の粘膜の再建をしなければ、言語や食事に後遺症が出てしまいます。肩甲骨や足の骨、人工骨、それから腕やお腹の皮膚を用いて再建します。また、病変の広がり具合をみて、首のリンパ節を摘出することがあります。


術後の噛み合わせが悪いときには、顎間(がくかん)固定が検討されます。特に上アゴの骨を削ってしまったときは骨の再建が難しいため、顎間固定を行うことが少なくありません。これは、特殊な入れ歯で噛み合わせを治す方法になります。


ページの先頭へ