待合室へ



歯科口腔外科

歯科口腔外科は、歯、歯茎、口腔内、アゴなどに関係する病気を専門的に扱っている診療科です。一般的な歯科とは違い、歯だけではなく口腔のまわりに発生するさまざまな病気を対象としています。歯科口腔外科での診療対象になっているものとしては、口内炎、虫歯、歯周病、顎関節症などが挙げられます。

主な症状と病気

歯科口腔外科は、たくさんの神経や血管が通っている口腔やその口腔とも密接な関係があるアゴ、顔面などの重要な部分を取り扱っています。少しの治療で治る病気もあれば、手術を必要とする病気もあります。ここでは、歯科口腔外科で扱っている主な症状と病気を紹介しています。

  痛み ただれ 腫れ 味覚異常 出血 悪臭 亀裂 その他
口内炎       水ぶくれ
口角炎          
口唇裂             言語・呼吸障害
味覚障害              
虫歯              
歯肉炎            
歯周病         グラグラ
不正咬合             発音・胃腸障害
口臭             舌苔
顎関節症           頭痛・肩こり等
口腔がん           しこり

口の構造と働き

口は、消化器と呼吸器への入口になります。その口の内側は粘膜でおおわれています。また、歯のまわりを歯茎が取り囲んでいます。歯について詳しいことは、次の項目をご覧ください。口の上の部分を口蓋(こうがい)といわれ、前方はかたく、後方は比較的やわらかくなっています。また、唇も湿った内側部分と乾燥した外側部分に分かれています。そのほか、口の中には歯と歯茎以外に、とても重要な役割をもつ舌があります。舌には味蕾(みらい)という部分があり、そこで食べ物の味を感じます。加えて、舌は食べ物を混ぜ合わせる働きをします。

歯の構造と働き

歯科口腔外科の診療対象となる病気を紹介するうえで、不可欠な歯の説明をしましょう。歯は食べ物を噛み砕いたり、キレイな発音の手助けをします。それから顔の形を整えたり、噛みごたえなどを楽しむことで豊かな味覚を育てるのにも役立ちます。私たちの歯は、切歯(せっし)、犬歯(けんし)、臼歯(きゅうし)と3つの種類があって、歯茎から上のほうに見える部分を歯冠(しかん)、歯茎に埋まっている部分を歯根(しこん)と呼びます。歯そのものの構造はどうなっているかというと、内側から順に象牙質、セメント質、エナメル質から成っています。象牙質のさらに内側には、歯髄(しずい)という神経があります。

唾液の役割

唾液には、食べ物の消化を助けたり、味を感じやすくする役割があります。さらに口の中を清潔に保ち、細菌の繁殖を抑えて、虫歯を防ぐ働きをします。また、唾液は耳下腺、顎下腺、舌下腺という唾液腺から分泌されています。1日の分泌量は約1,000~1,500ミリリットルになりますが、睡眠中は減少します。このほか、疲労やストレス、加齢、薬の副作用などによっても分泌量が減少するので、唾液腺のあるアゴの下や耳の前を軽くマッサージしたり、舌の運動をしたりすると分泌が促されます。


ページの先頭へ