待合室へ



脂肪肝

肝細胞の内側にたくさんの脂肪がたまる脂肪肝。これ自体は状態を指すので、病気とはいえませんが、脂肪肝は身体にさまざまな影響を及ぼします。今の時代、生活習慣病の1つとしても数えられています。ここでは、そんな脂肪肝の原因や症状、治療法などを説明していくことにしましょう。

どんな病気?

肝臓は、たくさんの肝細胞が集まってできています。全体の肝細胞のうち、3割以上に脂肪がたまってしまった状態を脂肪肝といいます。ですが、なぜ肝臓に脂肪がたまってしまうのでしょう?普通、タンパク質とくっつくことで脂肪は肝臓から出ていくのですが、タンパク質の摂取量がものすごく少なかったり、肝臓の病気などでタンパク質がうまく働かない場合、肝臓内に脂肪がたまってしまうのです。


脂肪肝の原因には肥満、おさけの飲み過ぎ、糖尿病の3つが挙げられます。これらの原因によって脂肪肝になることが一番多いのではないでしょうか。すでに述べたように、タンパク質がうまく作用しないこともそうですが、食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると、肝臓の処理能力が追いつかなくなります。特に、おさけが好きな人は気をつけなければなりません。アルコールそのものが脂肪酸になり、肝臓にたまります。そして、中性脂肪へと変わっていきます。

主な症状

脂肪肝にはほとんど自覚症状がないため、知らず知らずのうちに症状が出ていて、会社の健康診断などで偶然発見されることも少なくありません。まれに何かしらの症状があるとすれば、食欲不振や腹部の膨満感、疲労感、上腹部の痛み、さらには黄疸、悪心、吐き気、嘔吐、全身の倦怠感などが見られます。他覚症状としては、肝臓のはれが認められます。

検査と診断

慢性の脂肪肝に対しては、腹部超音波検査を行い、肝腎コントラストの強さ、深部エコーの減弱などを調べていきます。また、超音波検査と併せて、CT検査も行います。腹部CT検査では、肝臓の値と脾臓の値をチェックして、その比が0.9以下であれば脂肪肝と診断されます。このほか、血液検査でさまざまな数値を測定したり、問診で食事の内容や今までにかかった病気を把握することも、脂肪肝の診断に役立ちます。さらに、ただの脂肪肝なのか、あるいは今注目の飲まないにもかかわらず、脂肪がたまる非アルコール性脂肪性肝炎なのかの区別をつけるためには、肝臓の組織検査をしなければなりません。

治療法

冒頭でも触れたように脂肪肝そのものは、特に深刻な病気などというわけではないので、主な治療法は、食事療法と運動療法になります。もちろん、おさけは控えましょう。これらの治療法は、原因となる病気の治療にも有効です。また、その病気に何らかの大きな問題がある場合は、必要に応じて、薬物治療などを行って症状を改善することが優先されます。

食事療法

ご飯や果物、お菓子、ジュースの量を減らしましょう。特に水分補給はスポーツドリンクなども意外とカロリーがあるので、お茶か水をおすすめします。油っこい食事にも気をつけてください。揚げ物などのメニューが続かないようにしましょう。また、適度なタンパク質をとることも忘れずに。

運動療法

脂肪肝の治療には、たまった脂肪をエネルギーに変えながら減らしていくことが大切です。そのためには、ウォーキングなどの有酸素運動がいいでしょう。無理せずに長い時間続けることが、効果的な治療につながります。1日30分の運動を毎日続けるように心がけてください。


脂肪肝を放っておくと、肝硬変や肝臓がんへと進行していくことが考えられます。なので、そうなる前に食い止めなければいけません。なってしまってから、食事や運動に気を配るのではなく、予防として日頃から栄養バランスのいい食事をとり、適度な運動をするようにしましょう。


ページの先頭へ