待合室へ



胃ポリープ

健康診断などで、胃にポリープが発見されることがあります。「がんなのでは」はたまた「いずれがんになるのでは」と心配する人もいますが、そのほとんどはがんになることなく、かつ治療の必要さえもないのです。ここでは胃ポリープの原因や症状、治療法について詳しくみていきましょう。

どんな病気?

胃の粘膜の表面にできるポリープを「胃ポリープ」といい、過形成性ポリープ、胃底腺ポリープなどいくつかの種類があります。胃ポリープの大半は良性の過形成性ポリープで、がん化することはほとんどありません。しかし、中には一見ポリープと判別し難い早期がんもあるので、注意が必要です。胃ポリープができる原因は明らかになっていませんが、粘膜が炎症を起こしてただれると、それを修復しようと細胞増殖が過剰になってしまうのではないかと考えられています。

過形成性ポリープ

過形成性ポリープの発生は30歳以上で年代と共に増加する傾向にあり、腸上皮化生(胃がんと深く関連のある組織)との関連はあまりなく、がん化することはまれです。高さが高くなり、大きさが増したりして進行していきますが、通常は直径2~3cm止まりです。非常に赤く、表面にイチゴのような顆粒状の凹凸があります。出血やびらんも多く見受けられます。

胃底腺ポリープ

胃底腺ポリープは、胃底腺の粘膜に発生し、数個以上発生します。女性に多く、胃底腺の粘膜は萎縮せず、状態が良好なことが特徴です。粘膜の変化は、胃の大湾曲を中心とした胃壁に多くみられます。数ミリ程度の半球状のポリープで、表面は滑らかで、特に色の変化はなく多発します。

線種

線種は、高齢者で腸上皮化生をもつ、かなり萎縮した粘膜にみられます。男性に多く、男女比は4:1です。高齢者の萎縮性粘膜にみられ、形はドーム型、平たいもの、花壇状などさまざまです。灰白色で整った凹凸があります。

主な症状

胃ポリープがあっても、ほとんどの人は自覚症状がありません。自覚症状があったとしても、上腹部の不快感や胃もたれなどが時折みられる程度です。ただし、ポリープからまれに出血することがあり、眩暈を起こしやすい、疲れやすいなど、慢性貧血の症状が現れることもあります。

検査と診断

まず、X線検査にて粘膜の状態やポリープ表面の凹凸状態などを観察します。また、内視鏡検査ではポリープの観察だけでなく、場合によって生検(組織を採取して病理検査する)をして、より詳細な情報を得ます。

治療法

過形成性ポリープの場合、小さなものは放置可能で、年1回の経過観察をし、2cm異常の大きいものは内視鏡的治療によって切除します。胃底腺ポリープは一般的に放置して心配ないとされています。線種の小さなものは半年~1年に1回の検査で経過観察します。大きなものやがんとの識別が明確でないものは、内視鏡的治療によって粘膜の切除をします。


ページの先頭へ