待合室へ



胃痙攣

「胃痙攣」はよく耳にする言葉ですが、これは激しい胃の痛みの症状を表したものであって、病名ではありません。そんな胃痙攣について詳しくみていきましょう。

どんな病気?

胃痙攣は、胃壁にある筋層が異常に緊張して痛むために、あたかも胃がけいれんしているかのように感じるものです。一般に、みぞおちのあたりを中心に差し込んでくる激しい痛みをいいますが、厳密にはこれは症状名であり、病名ではありません。発作的に起こる上腹部の痙攣性の痛みを総称して「胃痙攣」と呼んでいます。主な原因としては胃の病気(胃炎や胃潰瘍など)によって起こるものの他、十二指腸潰瘍、胆石症、胆肝炎、急性膵炎などが引き金になることもあります。また、過度のストレスを感じて緊張しすぎた場合にも起こることがあります。

主な症状

胃痙攣は、発作的に起こる上腹部のけいれん性の痛みを総称したものです。発作の時間は数分から、長いものでは1~2時間続くこともあります。みぞおちのあたりを中心に、痛みの発作が起こります。発作の時間は数分から長いものでは1~2時間続くこともあります。

検査と診断

血液検査やX線検査、内視鏡検査などで胃痙攣の原因を調べます。また、問診時には「いつ」「どのように」痛むのか、その性質を医師に詳しく説明することが大切です。

治療法

痛みを抑えるために、鎮痛薬・鎮痙薬(ちんけいやく)などを使います。ただし、これはあくまで対症療法であって、一時的に症状を抑えているに過ぎません。根本的な原因を調べ、その治療を行うことが大切です。


ページの先頭へ