待合室へ



胃下垂・胃アトニー

胃下垂の人は太らない・・・という話しをよく耳にしますが、これは間違いです。正しくは、痩せている人に胃下垂の患者さんが多くみられるということです。本当のところはどうなのでしょう?胃下垂の人の中には、胃の緊張が弱くなり、機能が低下する「胃アトニー」という状態に なっている人もいます。特別な治療は必要ありませんが、普段の食生活などに気を配るように しましょう。

どんな病気?

胃が正常な位置より常に下がっている状態を「胃下垂」といい、おなかの壁の脂肪不足や腹部圧力が低下している痩せ型の人に起こります。そのほとんどは胃の動きが低下して、胃の働きが弱った状態(アトニー)を伴っています。虚弱体質など先天的な素因によるところが大きく、必ずしも病気とはいえません。暴飲暴食や過労、不安、ストレスなどが引き金となって胃の働きが弱り、症状が現れやすくなります。体型とも関係があり、一般に細く痩せた体質の人に多くみられます。胃下垂になると、食べたものが胃の中に正常より長くたまった状態になり、消化に負担がかかります。

主な症状

一般的に目立った自覚症状はないようですが、胃袋が張ったような痛みや少量の食事での満腹感、食後のむかつき、膨満感、食欲不振、精神疲労、また食後の胃もたれや腰痛、吐き気、ゲップ、大便の不正常などがみられることもあります。最もはっきりした症状といえば、へそのあたりが前に突き出て、上腹部は反対にくぼみ、手でマッサージすると心地よく感じます。また、横になっているときは症状が軽減するのも特徴です。胃下垂の人は腰を曲げる際に痛みを伴うことが多いので、同様の症状があれば一度検査を受けてみてもいいでしょう。

検査と診断

X線検査にて、胃の位置を確認します。胃下垂の場合は、骨盤腔内まで下がった胃が確認されます。

治療法

胃下垂は体質的なものなので、特に治療は行われません。暴飲暴食や過労、ストレスを避けて、バランスのいい食事をとり、過度に熱いものや冷たいものは極力控えます。また、胃の蠕動運動を正常に保つよう心がけてください。食べ物を少量ずつ頻回にわけてとったり、腹筋を鍛えたりするのも効果的です。なお、場合によっては胃腸機能調整薬や消化酵素剤などを使用することもあります。


ページの先頭へ