待合室へ



ヘルニア

一口にヘルニアといっても、その部位によってさまざまな種類があります。そして、この病気は子供から大人まで幅広い年齢層で発症します。長年ヘルニアに悩まされ、意を決して手術に踏み切る…という人もいるでしょう。ここでは、種類別にヘルニアの主な症状や治療法を説明したいと思います。

どんな病気?

ヘルニアは身体の壁に何らかの異常が起き、本来は体内の決まった場所にあるべき臓器などが脱出してしまった状態のことをいいます。そのうち体壁と内臓間の空洞のちょっとした隙間などに入り込んでしまったものを「内ヘルニア」、反対に体壁と内臓間の空洞の外にはみ出してしまったものを「外ヘルニア」といいます。また、この病気は腹部の内臓に多く見受けられ、代表的なものには「椎間板ヘルニア」や「鼠径ヘルニア」、「横隔膜ヘルニア」などが挙げられます。それぞれに発症の原因は異なり、首や腰への過度な負担、筋肉の未発達、手術によるものだったり、先天性または外傷といった後天的なものなどが挙げられます。

主な症状

ヘルニアは種類によって、さまざまな症状があらわれます。各ヘルニアで、どのような症状が出るのかを紹介しましょう。

「腰椎椎間板ヘルニア」

「腰椎椎間板ヘルニア」になると、足先やふくらはぎに痛みやしびれの症状が出てきます。このため、自然と足先の動きが悪くなります。また、坐骨神経痛や腰の痛みもあらわれ、長時間のデスクワークや力仕事が辛くなってきます。さらに病気が進み、症状が悪化すると歩行障害や排尿障害なども認められます。

「頸椎椎間板ヘルニア」

「頸椎椎間板ヘルニア」になると、首や肩などにいろんな症状があらわれます。手から腕にかけて痛みやしびれを感じ、手指の動きが悪くなります。また、肩こりや首の痛み、背中の痛みの症状も一般的です。病気が進むと歩行障害や排尿障害になる場合があります。

「鼠径ヘルニア」

いわゆる脱腸の「鼠径ヘルニア」は、小さな男児によく見られます。ももの付け根がはれるため、すぐ気づくことができます。症状としては眠りが浅く、いらだつ、不機嫌などが挙げられます。もう少し大きい子供では、ももの付け根の痛みや不快感などの症状を訴えます。

「腹壁ヘルニア」

この種のヘルニアで一番多いのは、「腹壁瘢痕(ふくへきはんこん)ヘルニア」です。何か他の病気やけがで手術したあと、縫合部分から発症します。傷跡が膨らんで痛みが生じます。さらに、激しい腹痛や便秘、下痢、嘔吐、消化不良といった症状があらわれます。

「横隔膜ヘルニア」

8~9週頃までの胎児期に閉じられるべき横隔膜の後外側孔という部分が閉じないことで、胸腔内に腸管が入り込んで「横隔膜ヘルニア」を発症します。主な症状には、胸焼けや胃の膨満感、嚥下困難、熱くて苦い液体がこみ上げる…というようなものが挙げられます。症状が悪化し、胃液の逆流がひどくなると、逆流性食道炎を起こす可能性があります。

検査と診断

ヘルニアの場合は一般的に問診、視診、触診のほか、X線検査やCT検査、MRI検査などの画像診断がなされます。どの種類のヘルニアもたいていは視診と触診で大まかな判断はつきますが、診断を確定するために画像検査を行うことが多いです。またどの検査を組み合わせて行うかは、ヘルニアの部位や状態などによって異なります。

治療法

ヘルニアの治療法もまた、その種類によって違ってきます。それぞれのヘルニアに合った治療を行うことが、完治への近道になります。

「腰椎椎間板ヘルニア」・「頸椎椎間板ヘルニア」

基本的には鎮痛剤の投与、牽引、温熱療法、さらには神経ブロックを使った治療が行われます。これらの治療で効果が見られない場合や、排尿障害が認められる場合は手術が検討されます。

「鼠径ヘルニア」

外科的治療として手術を行い、薬物治療などの保存療法は行われません。診断が確定し次第、直ちに手術する必要があります。

「腹壁ヘルニア」

ときには無症状のこともあるため、保存療法を行うこともありますが、基本的には開腹手術が必要となります。

「横隔膜ヘルニア」

胸焼けなどの症状がある場合は、薬物治療が行われます。また、呼吸困難などがある場合は呼吸の状態を安定させる治療を施したあと、速やかに横隔膜の形成手術が行われます。


ページの先頭へ