待合室へ



逆流性食道炎

誰でも「胸焼け」がすることはありますが、これが食事ごとに起こったり、強い痛みになったりすると厄介です。一口に胸焼けといっても原因はさまざまですが、ここでは近年増加の一途を辿っている「逆流性食道炎」についてご説明します。

どんな病気?

食道の粘膜食道には口から入った食べ物を胃の中へと送り込む輸送機能があると同時に、それらの逆流を防ぐ機能が備わっていますが、この機能が何らかの原因(老化や手術など)によって衰えてしまうと、胃酸や胃の内容物の逆流が起こります。健常な人であれば食道の蠕動運動によってこの逆流物を押し戻すこともできるのですが、これが正常に働かなくなると、強い酸性の胃液に食道粘膜が長時間さらされることになるのです。食道の粘膜は胃の粘膜と異なり、胃酸を防御する構造および働きがありません。そのため胃酸が逆流すると粘膜に炎症をきたし、爛れた状態となります。これが「逆流性食道炎」です。近年、逆流性食道炎が増えているのは「食生活の欧米化」によるものと考えられています。これは和食に比べて、肉や脂肪分の多い洋食の方が胃酸を多く分泌するからです。また、肥満になると腹圧によって胃酸が上がりやすくなるほか、胃の一部が横隔膜の上に飛び出してしまう“食道裂孔ヘルニア”の場合にも逆流が生じ、高率に逆流性食道炎を起こすとされています。

主な症状

逆流性食道炎の代表的な症状は「胸焼け」です。これは文字通り、胸の中心部や胸骨の裏側あたりが焼け付くように感じられる独特な不快感を意味します。他にも、酸味や苦味のある水が喉まで上がってくるような感じ、胸の辺りが沁みる、食べ物がつかえる、飲み込みにくい、ゲップとともに胃酸が逆流する、横になると症状が出やすい・・・などと訴える人もいて、その感じ方は人それぞれです。

検査と診断

頻度は少ないものの、同様の症状から食道がんや狭心症、心筋梗塞などの病気が発覚することもあります。このような病気の早期発見および治療にもつながるので、胸焼けや胸痛などの症状があれば、まず一度「内視鏡検査」を受けてみましょう。なお、これによる所見は食道が白もしくは赤に変色する「色調変化型」、さらに進行した「潰瘍・糜爛型」の2つに分かれます。ただし、内視鏡による診断と自覚症状とは必ずしも一致せず、自覚症状を訴える人の実に6割が糜爛や潰瘍はもちろん、色調変化さえもみられません。

治療法

逆流性食道炎はそれぞれの症状に合った治療が必要となるので、必ず病院を受診するようにしましょう。

生活習慣の改善

胃からの排出が遅れる脂肪分の多い食事、胃液の分泌を促進(または増加)させるアルコールやタバコ、コーヒー、香辛料などの刺激物、酸っぱいものなどの摂り過ぎには注意が必要です。大量に食べればそれだけ胃酸も大量に分泌されるので、暴飲暴食はつつしみ“腹八分目”を目安として肥満や便秘を解消するようにしましょう。食後はすぐに横にならないようにし、寝る前の最低2時間は飲食を控えるようにします。また、就寝時は右側を下にしたり、上半身を少し高くしたりして横になるといいでしょう。

薬物療法

基本となるのは、酸分泌抑制剤と消化管運動割賦剤です。酸分泌抑制剤で最も効果を発揮するのは「プロトン阻害剤」で、これは胃酸を分泌する胃粘膜壁細胞の段階でブロックするため、極めて強力な酸分泌抑制作用を有し、胸焼けなどの症状が速やかに回復してくれます。消化管運動割賦剤は食道や胃の運動を調節する薬剤で、単独では十分な効果が得られません。しかし、酸分泌抑制剤の補助的な薬としてよく用いられています。


ページの先頭へ