待合室へ



潰瘍性大腸炎

激しい下痢や腹痛といった症状が出る潰瘍性大腸炎は、一度治っても再発しやすい慢性の病気として知られています。難病にも指定され、完治も難しいとされていますが、緩解期をできるだけ長く維持すれば、普通に生活していくことができます。ここでは、潰瘍性大腸炎の症状や治療法などを説明していきましょう。

どんな病気?

大腸が何らかの原因で炎症を起こし、粘膜に潰瘍やびらん(潰瘍の軽いもの)ができる病気のことをいいます。20~30代を中心に発症することが多いですが、50~60代の人にも見られます。一度は治ったように見えても、数ヶ月から数年後に悪化する可能性もあります。潰瘍性大腸炎の厄介なところは、原因がハッキリとはわかっていないこと。潰瘍性大腸炎に限らずどんな病気でもそうですが、原因不明というのはもちろん治療にも影響します。そんな中で有力視されているのが、細菌かんせんと免疫異常になります。どちらとも確かではありませんが、そういったこともないとは言い切れません。

主な症状

血便、粘血便、下痢、腹痛が潰瘍性大腸炎の主な症状です。まず、1日に何度もトイレに駆け込む下痢の症状から始まります。ひどい下痢に悩まされているうちに、症状はさらに悪化し、便に血や膿、粘液などが混じるようになります。そして、頻繁に腹痛(特に下腹部痛)が起こります。ますます病気が進行すると、体重減少や貧血、発熱、吐き気、嘔吐、頻脈といった全身症状が認められます。潰瘍性大腸炎の症状のあらわれ方には特徴があり、症状が出ない時期の緩解期と体調が悪くなる時期の活動期に分けられます。改善と悪化を繰り返す再燃緩解型や、症状がずっと続く慢性持続型などがあります。

検査と診断

問診、視診、触診により、状態をチェックします。また、潰瘍性大腸炎の診断には、血液検査、検便、大腸内視鏡検査が行われます。血液検査では、炎症の程度や出血で貧血が起きていないか、栄養状態はどうかなどを確認します。検便では細菌のチェックや出血の程度を調べます。そして、潰瘍性大腸炎の診断で一番重要なのが大腸内視鏡検査です。炎症が直腸だけに限られている直腸炎型、直腸から大腸の左半分に広がっている左側大腸炎型、大腸全体に炎症のある全大腸炎型というように、炎症の広がり方にもいくつかのタイプがあります。内視鏡検査では、こういう大腸の炎症や潰瘍の状態以外にむくみ、出血、分泌物の状態も診ることができます。

治療法

軽症の潰瘍性大腸炎の場合、内服薬の投与が治療の中心になります。必要に応じて、坐薬や注腸製剤の状態にして、肛門から注入することもあります。軽症なら外来治療でいいですが、重症の場合は入院治療しなければなりません。薬物治療と同時に腸管を安静にするため絶食とし、場合によっては中心静脈栄養(高カロリー輸液療法)を行います。また、最近注目を集めている治療法に、白血球除去療法というものがあります。これは、潰瘍性大腸炎の炎症の原因と思われる白血球を血液中から除去する治療で、大きな副作用が少ないというのが特徴です。この治療法はまだ新しいものなので、専用器具を取り扱っていない病院もあるため注意しましょう。これらの治療で効果が見られないときは、大腸を摘出する手術を行います。ちなみに、この病気は特定疾患に指定されているため、医療費の補助が受けられます。

家庭でのケア

緩解期に入り、症状がある程度落ち着いてきたら、適切な食事療法で潰瘍性大腸炎の再発を少しは抑えることができます。絶対に食べてはいけないものは特にありませんが、お腹にやさしくて栄養のあるものをとるようにしましょう。ここで、食事療法のポイントを紹介します。

1下痢が悪化するような刺激物は避けましょう。
2乳製品には注意しましょう。
3タンパク質は魚を中心にとりましょう。
4サツマイモやカボチャなどの不溶性食物繊維は控えめにしましょう。
5炭水化物はご飯やパンを中心にとりましょう。

また、腸は精神的ストレスや過労の影響を受けやすいため、気をつけてください。ストレスを溜め込まず、十分な休養をとりつつ規則正しい生活をしましょう。


ページの先頭へ