待合室へ



クローン病

限局性腸炎または肉芽腫回腸炎、回結腸炎とも呼ばれている「クローン病」は、原因不明の難病です。根本的な治療法がないため、長期の闘病生活を強いられますが、症状が安定すれば、普通の生活に戻ることもできるようになります。ここでは、「クローン病」の主な症状や検査、治療法などを説明しましょう。

どんな病気?

「クローン病」は、小腸や大腸を中心に炎症を起こし、潰瘍などができる慢性の病気のことをいいます。発症年齢で一番多いのは20代ですが、ほかの年代にも見受けられます。この病気の特徴は、進行すると口から肛門までのすべてに炎症が起きることです。原因がハッキリとはわかっていないため完治は難しいといわれていて長い経過の中で少しずつ病気が進行していきます。有力な説としては、体質的な遺伝や免疫異常がかかわっているのではないかということが挙げられます。ですが、これも今のところは何の確かな根拠もありません。「クローン病」は発症したからといって寿命を縮めるようなものではなく、上手に付き合っていくことが大切です。

主な症状

症状は腹痛、出血を伴う下痢、食欲不振、体重減少、発熱、全身の倦怠感などです。どの症状も初期の段階では軽いことが多いですが、病気が進むにつれて重くなっていきます。腹痛はモノを食べるたびに起こるようになりますし、吐き気を伴う場合は腸閉塞の可能性があるため、直ちに受診しなければいけません。また、下痢の症状で夜も眠れず、1日10回以上になる場合もあります。さらに、腹痛と激しい下痢症状のため食欲不振になり、体重減少も見られます。「クローン病」ではよく微熱が認められますが、腸閉塞などの合併症を起こすと、高熱を出すことも…。そのほか、痔の症状が出ることも少なくありません。「クローン病」は、緩解期と再燃期を繰り返すという特徴をもっています。

検査と診断

問診や視診、触診以外に「クローン病」を診断するための基本的な検査は、血液検査、検便、消化管のX線造影検査や内視鏡検査といった画像検査があります。血液検査では炎症の程度、貧血の程度などを調べます。これによって、緩解状態のチェックをしたり、再燃や合併症を早い段階で見つけることができます。検便では下血の程度、細菌がいるかどうかを確認します。そして、消化管の病変をチェックするために重要なのが、X線造影検査(注腸造影、小腸造影)、大腸内視鏡検査などの画像検査です。まずX線造影検査では、肛門からカテーテルを入れてバリウムと空気を送り込み、粘膜の状態や、潰瘍の存在、病変の広がり具合などを診ます。小腸なら直接バリウムを飲むか、十二指腸までカテーテルを入れて、そこに注入します。

治療法

「クローン病」に対しては、まず薬物治療を中心に考えます。この薬物治療は栄養療法と併用するのが一般的になっています。食べ物が原因の1つと考えられている「クローン病」では、栄養療法がとても重要です。下痢や腹痛などの症状が重くて体調がすぐれないときには絶食と中心静脈栄養法の治療を行います。病気の状態が少し改善したら、成分栄養剤(エレンタール)という流動食を始めることができます。こうして少しずつ普通食に近いものが食べられるようになっても、脂肪や食物繊維のとり過ぎには十分に気をつけましょう。また、腸に狭窄や瘻孔(ろうこう)といわれる腸管と腸管、腸管と腸壁などが癒着してしまい内容物がもれてしまったり、大量に出血してしまったりした場合には、手術をする必要があります。このほか、食事が思うようにできないことから、精神的に参ってしまう人も少なくありません。そういう場合、病院によっては心理療法が検討されることもあるようです。ちなみに、「クローン病」は難病に指定されているので、医療費援助の対象になります。


ページの先頭へ