待合室へ



虫垂炎(盲腸)

虫垂炎は激しい腹痛が特徴的で、別名を“盲腸”とも呼ばれているありふれた病気です。「なんだ、盲腸か…」と簡単に考える人も多いでしょうが、結構な厄介者といえるでしょう。急に腹部の激痛におそわれ、緊急手術を受けた経験がある人もいるのではないでしょうか。ここでは、虫垂炎(盲腸)の症状や治療法などを説明します。

どんな病気?

虫垂炎は、一般的に盲腸と呼ばれていて、とてもよく知られている病気の1つです。虫垂という部分に炎症とかんせん症が起きた状態のことを虫垂炎(盲腸)といいます。小腸が大腸につながる部分を回盲部(かいもうぶ)といい、大腸の先端から少し上のほうにあります。小腸で消化された便が大腸に流れ、上行結腸に向かって移動します。大腸の先端にある細い管状のものが虫垂になります。


この病気は10~30代に多く発症します。ですが10歳未満の子供、それから高齢者も発症する場合があります。なぜ虫垂に炎症が起きるのか、ハッキリした原因はわかっていません。ただ、便や異物などが原因となり、虫垂が閉塞してしまうケースが多いのではと考えられています。

主な症状

虫垂炎の主な症状としては、悪心や吐き気、急な腹痛などが挙げられます。はじめはおへその周囲にズキズキとした痛みを感じることが多く、しばらくすると、その腹痛は右下腹部へと広がっていきます。痛む右側の部分をしばらく押さえて、急に手を離したときさらに激しい痛みが走る反跳痛という症状も出ます。また、ジャンプしたときやかかとをトントン叩いたときに強い腹痛におそわれるのも、虫垂炎の特徴的な症状になります。このほか、発熱や嘔吐などの症状が見られます。さらに病状が進行し腹膜にまで炎症が広がると、熱も高くなって、便秘や下痢といった症状が出ることもあります。腹膜炎を併発するまで放っておかずに腹痛が認められたら、早めに受診しましょう。

検査と診断

虫垂炎は腹部の触診と症状から、たいていの場合は診断することができます。あとは発熱有無を確認し、血液検査で白血球が増加しているかどうかを調べます。また、重症の場合は、腹部の超音波検査やCT検査といった画像診断を行うこともあります。


小さな子供の場合、腹痛もお腹全体に見られることが多く、発熱もないかすぐ下がったりします。高齢者もお腹を押しても痛みが弱いとされています。このように、小さな子供や高齢者は、虫垂炎の典型的な症状がハッキリあらわれないことがあるため、診断しにくい病気ともいえます。そのため、しっかりとした検査が受けられる大きな病院を選ぶことをおすすめします。

治療法

虫垂炎に対する治療法は、基本的に虫垂の切除手術になります。以前は右下腹部を数センチ切る手術が一般的に行われていました。最近では、腹腔鏡を使って手術する病院も増えてきました。腹腔鏡での手術は、傷跡も小さくて入院日数も短くて済みます。受診した病院の医療設備または、病気の状態によってどちらの手術法を選ぶかが決まります。腹痛の詳しい原因を特定していると手術が遅れてしまうので、症状から虫垂炎が疑われれば、早い段階で治療しなければなりません。適切な治療を受ければ、1~2ヶ月以内には完治します。


手術後おならが出たら、食事が開始されます。虫垂炎で切除手術をすると、腸の機能が一時的に止まってしまいます。大腸には便の小腸への逆流を防ぐ弁が付いていて、腸全体が収縮を繰り返して便を肛門に送り出しています。このことから、おならが出たということは、また腸が正常に動き出したサインというわけです。


ページの先頭へ