待合室へ



腸閉塞

吐き気や嘔吐を伴う急な腹痛が起こる腸閉塞。これは、何らかの原因によって腸内の食べ物や水分などが詰まってしまう病気です。腸閉塞が疑われたら、速やかな処置が必要になります。ここでは、別名を「イレウス」ともいう腸閉塞の原因、主な症状、治療法などを説明していくことにしましょう。

どんな病気?

食べ物や飲み物は胃、小腸、大腸を通って消化・吸収されて、余分なものだけが便となって排泄されます。また、消化・吸収される際には唾液や胃液といった消化液が、胃腸内に分泌されます。この消化液も小腸や大腸で吸収されて、残ったものは便と一緒に排泄されてしまいます。腸閉塞は、これらの食べ物や消化液の流れが小腸や大腸に詰まってしまい、通過障害が起きている状態のことをいいます。腸閉塞になると、食べ物や飲み物、消化液などが次々詰まって腸が膨らみ、腸粘膜がはれて炎症が起きるのです。


この病気は原因によって、主に単純性腸閉塞複雑性腸閉塞という2つの種類に分けられます。単純性腸閉塞が起こる原因としては、外側から圧迫されたり、炎症が起きたりすることが挙げられます。特に何らかの病気などで開腹手術を受けた経験がある人であれば、腸が癒着しやすくなります。それによって腸閉塞を引き起こします。一方、複雑性腸閉塞は別の病気がキッカケの1つになったりして、腸が複雑にねじれる、ヘルニアに腸が入り込む、腸内に腸が入り込むというようなことが原因と考えられています。このほか、新生児や乳児に多い原因は、先天性の異常や胎便、腸ねん転などがあります。

主な症状

急なお腹の張りとともに激しい腹痛と吐き気、嘔吐などが見られます。これが、腸閉塞の代表的な症状といえるでしょう。多くは腸が詰まった瞬間に突然症状があらわれるのが特徴的です。キリキリと激しい痛みの腹痛が起き、しばらく経つと和らぐ疝痛発作が見られます。同時に嘔吐の症状が認められます。最初は胃液や胆汁ですが、症状が進むと小腸や大腸から腸内の内容物が逆流してきます。こうなると、便臭を伴うようになります。嘔吐の直後は、腹痛や吐き気の症状が和らぎます。さらに病気が進行していくと発熱、冷や汗、頻脈、意識混濁といったショック状態に陥る場合があります。このショック状態になった場合、一刻も早く手術をしなければなりません。

検査と診断

腸閉塞の診断を行うには問診、視診、触診のほか、X線検査、超音波検査、CT検査などの画像検査があります。触診では、腹部の圧痛やはれ、腫瘤があるかないかを確認することができます。また、聴診器による診察では、腸が閉塞している場合は正常時よりも大きくて高い音が聞こえたり、反対に全然聞こえないことも…。さらにお腹を押すと痛み、手を急に離したときに痛みがひどくなるというような症状が見受けられるときは、腸が破裂したことによる腹膜炎が疑われます。腹部X線検査をはじめとする画像検査では、大きく膨らんだ腸が認められ、閉塞部位が確認できます。そのほか、もし腸のまわりや横隔膜の下に空気がうつっていたら、腸が破裂している証拠になります。

治療法

腸閉塞に対しては、入院治療が基本になります。まずは、鼻から胃や腸にチューブを入れて、たまった腸液や食べものを吸引し、腸内をキレイにします。次に水分と電解質を静脈内投与する治療を行います。これで腸内の電解質のバランスを整え、嘔吐や下痢の症状が治ります。このような内科的治療で治るものもありますが、重症だったり、内科的治療で効果が見られない場合には、手術が行われます。我慢して様子を見ていても、よくなる病気ではないので、症状があらわれたらすぐ病院に行き、適切な治療を受けましょう。


ページの先頭へ