待合室へ



十二指腸潰瘍

ストレス社会とされる今、十二指腸潰瘍の発症率は増加傾向にあります。また、患者さんのヘリコバクター・ピロリ菌の感染率が極めて高く、97%以上の感染率ともいわれています。そんな“現代病”ともいえる十二指腸潰瘍について、詳しくみていきましょう。

どんな病気?

十二指腸潰瘍とは、十二指腸の入り口である球部の壁が傷つく病気です。十二指腸の壁は胃壁に比べて筋層が薄いため、深く進行し、出血や穿孔を起こしやすい傾向にあります。また、胃潰瘍は40~50歳代に多い病気とされているのに対して、十二指腸潰瘍は比較的若い方に多くみられます。主にストレスによる胃酸過多によって引き起こされるとされていますが、最近では胃潰瘍と同様にヘリコバクター・ピロリ菌との関連性が指摘され、世界中で注目を浴びています。

主な症状

上腹部(みぞおち)の痛みや重苦しさなどが空腹時に起こり、食事をすると一時的に症状が緩和します。また、潰瘍部分が出血し、ときに吐血や下血が起こることもあります。重症になり、球部の壁に穴があくと、気の遠くなるような強い腹痛に見舞われ、その後ショック状態に陥ります。これを十二指腸の穿孔と呼び、緊急処置(手術など)が必要な状態です。

検査と診断

胃潰瘍の検査と同様に、X線検査や内視鏡検査(胃カメラ)が行われます。活動期には潰瘍の部分に出血や浮腫、腫れがみられ、治癒期には潰瘍が浅く小さくなりつつあり、特に潰瘍にみられる白苔が小さくなった様子なども観察できます。十二指腸潰瘍は病気の進展度によって治療内容が異なるため、定期的に十二指腸潰瘍部の状態を確認する必要があります。また、ヘリコバクター・ピロリ菌の有無を確認することも大切です。胃潰瘍の検査では、主に胃透視と胃内視鏡検査(胃カメラ)が行われます。胃透視では「バリウム」という液体を飲み、レントゲンで潰瘍部のバリウムの溜まりをみつけます。一方で、胃カメラは潰瘍の有無のみならず、その病期(活動期・慢性退行期・瘢痕期)も診断することができるうえ、良悪性を鑑別することもでき、悪性の可能性があればすぐに生検を行うことも可能です。なお、胃透視だけでの診断には限界があるので、ほとんどの場合は内視鏡を併用します。

治療法

ピロリ菌の存在が確認できた場合には、初発・再発を問わず除菌治療が第一選択となります。ピロリ菌がうまく除菌できると、ほとんどの場合は潰瘍が治癒し、その後再発も少ないとされています。しかし、ピロリ菌以外の原因で潰瘍ができている場合には、その原因を取り除く必要があります。いずれも再発を繰り返さないよう、適切な治療を受けましょう。

薬物療法

胃酸の分泌を抑える薬(制酸剤)を用いるのが一般的です。6週間の治療で8割以上が治りますが、その後約1年間の薬の継続服用が必要です。十二指腸潰瘍も胃潰瘍と同様にヘリコバクター・ピロリ菌の感染と関係があるので、胃酸分泌を抑制する薬と2種類の抗生物質を使用した「ピロリ除菌療法」を行うことができます。再発を繰り返したり、出血したりする場合は積極的に除菌治療を行います。

外科的手術

最近は外科的手術を要するケースが少なくなりましたが、十二指腸潰瘍の出血が止まらないとき、十二指腸の変形がみられ食べ物が通らなくなったとき、穴があいて腹膜炎を起こしたときなどは緊急手術となります。また、それ以外でも内服薬でよくならないときや再発を頻繁に繰り返す場合には手術を考えてもいいでしょう。

生活習慣の改善

普段の食生活の中で、カフェインや香辛料など十二指腸粘膜を傷つけやすい食品を控え、牛豆腐、野菜スープなどの消化しやすい食品をとるように心がけてください。また、十二指腸潰瘍を繰り返す場合には、ストレスが原因となっていることも多いようです。自分なりのストレス解消法を見つけ、上手に付き合っていきましょう。


ページの先頭へ