待合室へ



消化器科

消化器科とは食道や胃、小腸、大腸などの消化管をはじめ、肝臓や胆嚢、胆管、膵臓の病気を専門に扱う診療科です。つまり、“飲食物の通るところ”と“食事の消化に関係した臓器”を対象としています。代表的な病気は各臓器のがんやポリープ、潰瘍、腸炎、肝炎、肝硬変、胆石、膵炎などさまざまです。

主な症状と病気

  発熱 腹部または
胸部の痛み
胸焼け 食欲不振 吐き気
嘔吐
吐血
下血
下痢 その他
逆流性食道炎         嚥下障害
胃炎        
胃潰瘍        
十二指腸潰瘍        
胃けいれん              
胃下垂・
胃アトニー
               
胃ポリープ              
肝炎         黄疸
脂肪肝               無症状
肝硬変               むくみ・黄疸
膵炎       背部痛
胆石症         背部痛
胆嚢炎・
胆管炎
          黄疸
腸炎            
過敏性
腸症候群
              便秘
腸閉塞           腹部膨満感
潰瘍性大腸炎            
クローン病            
虫垂炎          
ヘルニア             腹部膨満感
腹膜炎           腹部膨満感
食中毒      

消化器官の構造と働き

消化器は口から食道、胃、小腸、大腸、直腸、肛門まで続く長い管状の器官(消化管)と、肝臓や膵臓、胆嚢などの臓器から成り立つ器官です。食物を摂取および分解するほか、体の中に吸収したり、消化しきれない部分を体から排泄したりする働きがあります。

食道

食道は長さ約25cm、直径約2cmの丈夫な筋肉の管です。口から入った食物を蠕動運動によって胃の中に送り込む輸送機能があると同時に、それらの逆流を防ぐ機能も備わっています。

胃はみぞおち辺りに位置する、アルファベット「J」の形をした袋状の臓器です。胃内に送り込まれた食物は胃液と混ざり合い、消化しやすい状態(粥状)になって少しずつ十二指腸へと移送されます。

小腸・十二指腸

小腸は十二指腸から空腸、回腸へと続く細長い管状の臓器です。食物は十二指腸で消化液(胆汁や膵液など)と混ざり合いながら消化され、空腸から回腸へと送られる間に栄養素の約90%が吸収されていきます。

大腸・直腸

大腸は盲腸、結腸、直腸の3つに分かれていて、消化・吸収された食物の残りを送る臓器です。ここで残り物から水分やミネラルが吸収され、残りカスで固形状の糞便が形成されて肛門から排泄されます。

肝臓

肝臓は胆汁の分泌をはじめ、胃や腸から戻ってくる栄養の処理、貯蔵、中毒性物質の解毒、分解、排泄、血液性状の調節、身体防衛作用などの働きをしています。なお、胆汁はいったん胆嚢で蓄えられ、凝縮されてから十二指腸へと送られます。

膵臓

膵臓は胃の真裏に位置する長さ15cmほどの臓器で、この働きは「外分泌機能」と「内分泌機能」の2つに分けられます。外分泌機能が消化液である膵液を分泌し、十二指腸に送り込む働きであるのに対して、内分泌機能は血糖値を調節するインスリンやグルカゴンなどのホルモンを分泌するものです。


ページの先頭へ