待合室へ



野球肘

クラブ活動などで野球をやっている子供たちに多く見られる野球肘は病気というよりも、けがと言ったほうがいいでしょう。発症すると肘の痛みでボールを投げることができなくなってしまうため、注意が必要です。ここでは、野球肘の主な症状、治療法などを説明していくことにしましょう。

どんな病気?

野球肘とは、病気ではありません。ボールを投げる動作を繰り返すことで、肘の関節に起こる故障のことをいいます。その多くは、成長期の子供が野球をやりすぎて発症します。中学生くらいまでの子供は骨や軟骨、じん帯、筋肉などが十分に発達していないため、野球の投球動作をするときに、腕だけの投球法になってしまいます。体と連動した投球がむずかしいので、肘に負担がかかることになります。このほか、間違った練習法を続けていたり、練習のやりすぎなどが重なると、肘に様々な障害が出て、野球肘を引き起こします。

主な症状

野球肘の主な症状としては、ボールを投げる際の肘の痛みが挙げられます。ただ、このような症状が出ても日常生活にはほとんど何の支障もありません。ですが、野球肘になると肘の内側の筋肉や腱、じん帯を痛めてしまいます。そして、上腕骨内側上顆炎を起こします。症状が進んでいくと肘関節の軟骨が傷ついたり、外側の骨が変形してしまって、さらにひどくなった場合には軟骨がはがれてしまい、「関節ねずみ」と呼ばれる症状があらわれることもあります。これは、関節内遊離体というもので、「肘が動きにくい」「激痛が走る」といった症状が出ます。成長期にこういった症状が出ると、骨の成長にも影響を及ぼす可能性があります。放置すると、どんどん別の病気が出てくることも考えられます。

検査と診断

野球肘の場合は問診と触診、それからX線検査を行って診断します。X線検査では、各部位の骨の異常を調べることができます。また、遊離体や骨棘を確認するには、CT検査やMRI検査を行い、チェックします。さらに、これらの画像検査では骨軟の変化や、滑膜、筋肉、靭帯の状態などもハッキリと知ることができます。加えて、関節鏡(内視鏡)検査は病巣を直接見ることができ、そのうえ遊離体摘出術や骨軟骨病変の処置などの鏡視下手術に移行できるため、検査としてだけではなく治療を兼ねて行われることもあり、とても有用です。一口に野球肘といっても、さまざまなタイプがあるので、それに合った治療が必要です。決して自己判断はせず、異常を感じたら障害を残さないためにも早めに整形外科を受診しましょう。

治療法

故障部位と症状の進行度、年齢やその他の身体状況(他の病気があるかどうかなど)によって治療法は異なりますが、どのような場合でも早期発見・早期治療が重要です。同じ肘関節でも内側の障害は、早い段階ならほとんどは投球中止などの保存療法を行います。もし、早期の段階で放置してしまうと、今度は外側の障害が進行することになるので十分に注意しなければなりません。外側の障害も、軽症ならばけがが癒えるまで投球を中止すると治っていきますが、骨軟骨の病変の分離が進んでしまったり、遊離体ができてしまった場合などには手術治療が必要になります。手術方法としては分離や欠損を起こしている部位に穴を開けたり、骨軟骨移植、遊離体摘出などが挙げられます。また、投球練習を中止しているあいだも、ただじっと肘を休めているだけではなく、医師の指導のもとで肘や手の関節の筋肉強化をはかるようにしましょう。野球肘にならないようにするためには、筋力トレーニングも治療の一環になります。


ページの先頭へ