待合室へ



脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症…腰から下の神経痛を抱えている人であれば、この病気を知っている人も多いでしょう。主に【腰椎すべり症】【腰椎分離症】から発症するといわれています。ここでは主な症状や治療法などから、脊柱管狭窄症がどのような病気なのかを説明していくことにしましょう。

どんな病気?

脊柱管とは、脊柱の中にある空洞のことで、脊髄中枢神経の通り道になっています。その脊柱管が何らかの原因によって、狭くなってしまう病気の総称を脊柱管狭窄症といいます。脊柱管狭窄症の多くは、腰椎の脊柱管が狭くなるものを示すため、これを腰部脊柱管狭窄症と呼びます。先天的な脊柱管の狭さがこの病気の根本的な原因と考えられますが、それに加えて「腰椎すべり症」や「腰椎分離症」といった他の病気が起こることで、狭窄状態になってしまいます。もちろん脊柱管狭窄症を引き起こす原因は、これだけではありません。交通事故による腰椎骨折や骨格のゆがみ、筋肉のアンバランスなどの脊柱管狭窄症の原因として挙げられます。

主な症状

脊柱管狭窄症では、間欠性跛行(かんけつせいはこう)という症状が特徴的です。間欠性跛行とは、歩行障害のことで歩き始めは別に何ともないのですが、歩いているうちに少しずつ足に疲労感を感じて重くなり、それが次第に痛みへと変わっていきます。そして、最後には立っていることさえできなくなります。ですが、ちょっと立ち止まって背中を丸め、腰をかがめて少しの間休憩すると、あっという間に腰痛が治まっていくのです。これも、脊柱管狭窄症の特徴の1つといえるでしょう。また、腰痛のほか、足のしびれやマヒなどの症状が出ることもありますが、これらの症状が見られたときには、重症ということを認識しなければいけません。重症の場合は、ほんの少しの距離を歩いたり、少しの時間立っているだけでも、症状が出たりします。腰痛は誰にでも起こり得る症状ですが、放っておくと、症状が進行していくので、歩くと腰痛が起きて少し休むと治まる…というような症状に心当たりがあれば、早めの受診をおすすめします。

検査と診断

脊柱管狭窄症が疑われたら、問診のほか、X線検査やMRI検査などの画像診断を行います。それによって、腰の状態や脊柱管狭窄があるかどうかを調べます。もし脊柱管狭窄が認められたとしても、症状が必ず出るわけではありません。腰痛が本当に脊柱管狭窄症からくる症状なのかどうかを確認するには、他の病気と判別しなければなりません。変形性膝(しつ)関節症のような関節の病気や、閉塞性動脈硬化症のような血管の病気などでも同じような症状が見受けられます。このほか、筋力検査も脊柱管狭窄症の診断に役立ちます。

治療法

脊柱管狭窄症では、消炎鎮痛薬や血流改善薬などを用いて、腰痛を和らげるための薬物治療を行います。もし薬物治療を行っても痛みが改善しない場合は、神経ブロックが効果的になります。薬や神経ブロックを使った治療を行いながら、コルセットで患部を固定したり、牽引や温熱療法、ストレッチなども行います。こういった治療を3ヶ月くらい続けても効果があらわれない重い症状の場合に、手術治療を検討します。手術の目的は、狭くなっている脊柱管を広げて神経の圧迫を取り除くことです。手術方法は、開窓術(かいそうじゅつ)、椎弓(ついきゅう)切除術、脊柱管拡大術などがあります。どの手術方法が適しているかは、神経の圧迫のされ方によって決まってきます。


また病院での治療だけではなく、日常生活でも神経を圧迫するような動作や姿勢はしないようにしましょう。脊柱管を広げるためには、少し前かがみの姿勢で歩くことを日頃から心がけてください。さらに腰痛で辛いときには、杖やカートを使ったり、自転車に乗るなどするといいでしょう。


ページの先頭へ