待合室へ



筋肉痛

よくスポーツをした後などに筋肉痛になるのが遅ければ遅いほど、年をとった証拠…などといいますが、スポーツをしたり、重労働をした後には遅かれ早かれ、誰にでも筋肉痛が起こります。筋肉痛を病気”というのはかなり無理がありますが、その原因や症状、治療法などについて説明しましょう。

どんな病気?

筋肉痛とは、筋肉に起こる痛みのことをいいます。広い意味では肉離れなども含みますが、一般的に私たちが知っていて、よく経験する筋肉痛は運動後、数時間~数日後に発生する筋肉の痛みのことです。この筋肉痛は、正式名称を「遅発性筋肉痛」といい、病気の名前ではなく、症状名になります。大きくは「急性筋肉痛」と「慢性筋肉痛」の2種類に分けられます。前者は急な運動や長時間歩いた後などに発生するもので、後者は肩こりなどのように長い期間続くものです。急性の場合はすぐに筋肉痛と気付くでしょうが、慢性の場合は筋肉痛とは思っていない人もいるでしょう。肩こりもその一種なのです。


筋肉痛の原因としては、急に筋肉を動かすことによって筋線維とそのまわりの結合組織が損傷してしまうことが挙げられます。損傷すると、元に戻ろうとする過程で筋肉が炎症を起こします。それによって痛みを起こす物質が筋膜を刺激すると考えられています。また、筋肉を一気にたくさん使うことで、疲労物質も溜まります。痛みの物質と疲労物質が、筋肉痛の原因とされています。加えて、原因は筋肉のみにあるのではなく、筋肉につながっている腱や、腱がくっついている骨の部分という可能性もあります。このほか、肩こりの原因は疲労物質の一種の乳酸が毛細血管内の長時間残り続け、筋肉への酸素供給をジャマすることで起こるという説が一般的です。ちなみに【肩こり】については、別のページで詳しく紹介しているので、そちらをご覧ください。

主な症状

筋肉痛が起こった部分は広範囲に痛みが出て、その症状のせいで動かすことさえできなくなることもあります。また、コリや張りといった症状も見られます。また、患部には疲労感や熱感も認められます。

検査と診断

あまりにも強い症状が出ているときには安静にしたほうがいいですが、症状が出ていても痛みを少し我慢すれば動かせるような程度であれば、軽いストレッチをすると血流が良くなり、筋肉の回復を早めるといわれています。また、自分でできる他の治療法で一般的なものには、アイシングがあります。これは、急性の場合に効果的で炎症をその日のうちに和らげることができます。ビニール袋などに氷を入れて、30分程度やさしくマッサージしながら冷やしてください。次の日以降は、できれば1日2回約30分ずつお風呂またはシャワーで温めながらのマッサージが有効です。さらに、肩こりを含めた筋肉痛の痛みに対しては、外用の消炎鎮痛剤を使って治療します。個人で使う場合は、あらかじめ必ず医師または薬剤師に使い方や注意点などのアドバイスを受けるようにしましょう。普通なら、こうした治療(ケア)を行えば1週間~10日ほどで、症状が消えて回復していきます。

治療法

普段使わない筋肉を突然使ったり、同じ筋肉を使いすぎたりすることで筋肉痛が起こるので、それを予防するためには、あらかじめ軽い運動をし、筋肉をならしておくことが大切です。たとえば、バレーボールの試合に参加するなら、その試合の1~2週間前に同じような運動を軽めにしておくことをおすすめします。前もって軽い運動をすることで筋肉が強くなり、辛い筋肉痛を予防できます。併せて、当日まではストレッチを無理のない程度に続け、筋肉を和らげておきましょう。


ページの先頭へ