待合室へ



腱鞘炎

パソコンでの入力作業で腱鞘炎になった…という人も、今の時代は多いかもしれません。腱鞘炎は、関節の使いすぎなどによって腱が炎症を起こす病気です。ここでは、その原因や主な症状、治療法などを通して腱鞘炎がどういった病気なのかを見ていくことにしましょう。できるだけ無理せず、完治に専念することが大事です。

どんな病気?

腱とは、筋肉の両端を骨にくっつける役割をしている線維組織の束です。そして腱鞘は、その腱のまわりを包み込んで、腱がスムーズに動くようにしています。この腱と腱鞘の摩擦などで起こる炎症のことを腱鞘炎といい、特に手首に起こるものは「ドゥケルバン腱鞘炎」と呼ばれています。この症状は、関節の使いすぎや加齢のほか、関節リウマチなどの病気が原因で発症します。このことから、頻繁に手仕事をする人や職業柄同じ動作を繰り返し行う人、しかも男性に比べて女性に多く見受けられます。また、腱鞘炎が慢性化してしまうと「ばね指」という症状が出てきます。「ばね指」はホルモンのバランスが原因とも考えられ、それが崩れる妊娠から出産後、または更年期に発症しやすいとされています。ちなみに「ばね指」の症状については、次の項目で説明しています。

主な症状

腱鞘炎になると痛みやはれ、倦怠感、疲労感、動かしにくさなどの症状が手の指や手首、ひじによく見られます。手の指、手首だけではなく、足首や膝にも症状が出ることがあります。また、手の場合は、一度こぶしをつくると、その状態から指を開きにくくなるというような症状が見られます。曲げ伸ばしの際に痛むため、動かしにくいですが、力を入れるとようやくポキンという音とともに動くようになります。このような症状は「ばね指」と呼ばれます。この「ばね指」はどの指にも起こり得ますが、なかでも親指に起こりやすいといわれています。症状が進むと、指が曲がったままになってしまうので、早期の治療が必要です。

検査と診断

腱鞘炎は問診、視診、触診で診断できます。痛みやはれなどの症状が特徴的なので、比較的診断しやすいです。さらに、手首の腱鞘炎の検査法として、フィンケルシュタインテストが挙げられます。この検査は親指を手の中に入れて、そのまま握ります。そして、手首をゆっくり小指側に曲げたとき、手首に痛みを感じたら腱鞘炎が疑われます。より詳しく調べるには、X線検査や超音波検査といった画像診断を行います。検査の結果、腱鞘炎ということがわかったら、すぐに治療を始めましょう。予想以上に治療に時間がかかることも多いので、早期の治療開始が重要になります。

治療法

腱鞘炎に対しては、痛みやはれがあるうちはできるだけ患部を動かさず、安静を保つことが第一の治療法です。痛みが強かったり、熱感がある場合には消炎鎮痛剤や湿布薬などを使って治療します。また「ばね指」の症状が強くて指が引っかかり伸ばせないときは患部に添え木をして固定しましょう。これらの治療で改善が見られなければ、腱鞘内にステロイド薬を注射して炎症を抑える治療を行います。このほか、重症化している状態が何年も続いているような場合には、手術治療も検討されます。医師と十分に話し合った上で、手術するかどうかを決めるようにしましょう。

予防法

どんな病気も、まずは予防することに重点を置かなければいけません。手首や指先を使う動作を繰り返すことが、腱鞘炎の原因の1つになります。本当は手をなるべく使わないようにするのが一番の予防法ですが、日常生活を送る中でそういうわけにはいきません。なので、どんな手作業をしていても、必ず途中で休憩を挟むように心がけましょう。また、動かす前と後に手首や指先のストレッチをすることも効果的です。もし、痛みを感じたときは、我慢して続けずにすぐ止めましょう。


ページの先頭へ