待合室へ



椎間板ヘルニア

消化器科の【ヘルニア】のページでも、少しだけ紹介した「椎間板ヘルニア」。この病気を長年患っている人も多いのではないでしょうか。治療にも時間がかかり、痛みから日常生活が制限されてしまうことも少なくありません。ここでは、症状や治療法などから、より詳しく「椎間板ヘルニア」について紹介しましょう。

どんな病気?

「椎間板ヘルニア」は、その名の通りヘルニアの一種になります。ヘルニアという言葉には“飛び出る”という意味があり、何らかの原因で椎間板を覆っている丈夫な膜が破れると、中の椎間板が飛び出してしまいます。そして、椎間板はクッションの役割を果たしているのですが、その椎間板の一部が脊髄を通る神経に触れることで、痛みが出てきます。この病気を「椎間板ヘルニア」といいます。どの部分で飛び出したかによって大きく2種類に分けられます。頸椎で起きたものを「頸椎椎間板ヘルニア」、腰椎で起きたものを「腰椎椎間板ヘルニア」と呼びます。


「椎間板ヘルニア」の原因には、背骨にかかる負担、椎間板や骨の老化、背骨のゆがみ…など、さまざまなことが考えられます。中腰で重い荷物を持ったり、ゴルフなどのスポーツで腰を思い切りひねったり、長時間のデスクワークや運転の繰り返しなどが原因となり、腰痛が起こります。20歳をピークにそれ以降になると、椎間板の弾力性は次第にうしなわれていき、さらには少しずつ骨の老化も始まります。特に骨は加齢によるものだけではなく、現代人のカルシウム不足がゆくゆくは「椎間板ヘルニア」につながることもあります。また、猫背で悪い姿勢になってしまう人も、首や腰にかなりの負担がかかる原因の1つです。

主な症状

「椎間板ヘルニア」の症状は基本的に片側のみに出ますが、ヘルニアが大きければ両側に出る場合もあります。部分別の「椎間板ヘルニア」の主な症状を見てみましょう。

「頸椎椎間板ヘルニア」

「頸椎椎間板ヘルニア」の初期症状としては、肩こりと首の痛みが挙げられます。肩や首の症状以外にも手足のしびれや痛み、知覚障害、灼熱感または冷感、筋力低下などがあります。加えて、頭痛や耳鳴りといった症状も見られます。重症の場合は、歩行障害や排尿障害があらわれることがあります。

「腰椎椎間板ヘルニア」

座る・立つなどの動作のときだけではなく、咳やくしゃみをキッカケに腰から足にかけて激しい痛みやしびれが見られます。特に強い腰痛は、「腰椎椎間板ヘルニア」の代表的な症状といえるでしょう。また、感覚障害や冷たい水が走るような冷感、坐骨神経痛、筋力低下などの症状があらわれます。重症の場合は、激しい腰痛などが続いた末、歩行障害や排尿障害といった症状が出てきます。

検査と診断

「椎間板ヘルニア」の診断時は問診のほか、腱反射異常、知覚障害、筋力低下などを調べる検査を行います。どの病気もそうですが「椎間板ヘルニア」の場合も、最初にどれだけ的確に症状を伝えることができるかがカギになります。単なる腰痛や寝違えと間違われないためにも正確に伝えましょう。また、ヘルニアの状態を確認するためにX線やCT検査、MRI検査といった画像診断をします。なかでも、MRI検査では椎間板や脊髄の状態をとてもよく知ることができます。

治療法

どんな病気でも“安静にすること”は治療の基本になりますが、「椎間板ヘルニア」のような病気に対しては特に重要です。その上で、「頚椎椎間板ヘルニア」も「腰椎椎間板ヘルニア」も消炎鎮痛剤などを用いた薬物治療を行い、ネックカラーやコルセットなどで患部を固定します。腰痛や首の痛みを和らげるための治療法として、ブロック注射がよく行われます。また、急性期を過ぎてからの治療法には牽引、温熱療法や低周波治療、ストレッチ、筋力強化訓練などが挙げられますが、ストレッチと筋力強化訓練に関しては医師の指示に従って無理のない範囲で行いましょう。


ページの先頭へ