待合室へ



腰椎分離症・腰椎すべり症

腰椎分離症や腰椎すべり症などという病気を知っているでしょうか?なかには聞きなれない病名だと思う人もいるかもしれませんが、この病気を患っている人は案外多いといわれています。ここでは、腰椎分離症と腰椎すべり症の主な症状、治療法などについて説明していくことにしましょう。

どんな病気?

それでは、さっそく腰椎分離症と腰椎すべり症が、どのような病気なのか説明していきたいと思います。

腰椎分離症

腰は腰椎という骨が、骨盤の真ん中にある仙骨という骨の上に5つ積み重なっていて、緩やかなカーブを描いています。そのカーブが保たれることで、腰の機能を果たします。腰椎分離症という病気は、腰椎の関節近くの骨が切れてしまった状態をいいます。子供の頃に激しいスポーツなどをしていた人に多く見られ、原因としてはその頃から腰に大きな負担がかかり、それが疲労骨折としてあらわれると考えられています。発症年齢も10代からと、若い人に多いのも特徴的です。

腰椎すべり症

腰椎の骨の一部が切れてしまうのが腰椎分離症ですが、腰椎すべり症は腰椎の位置がずれた状態をいいます。腰椎分離症が進むと、腰椎すべり症になることがあります。これは、腰椎の分離によって、関節が不安定になってしまうためです。関節部分も一緒にすべってしまったことで、ヘルニアなど別の病気が起こる可能性も考えられます。腰椎すべり症の代表的な原因には、デスクワークが挙げられます。

主な症状

それぞれの症状を紹介しましょう。2つの病気の共通点としては、加齢とともに少しずつ症状が進行していき、やがては慢性痛となる点が挙げられます。

腰椎分離症

腰椎分離症の主な症状は、腰をうしろに反らせたときに生じる腰痛です。長時間立っているようなときも腰痛の症状が見られます。また、腰の倦怠感もあり、常に重い感じがします。腰痛以外にも場合によっては、おしりの痛みや足先の痛み、しびれなどの症状が出ることもあります。

腰椎すべり症

腰椎すべり症の場合は、無症状のことも少なくありません。ですが、ついうっかり腰に何らかの刺激を与えてしまうと、腰痛やおしり、太ももの裏の痛みといった症状が出てきます。ときには歩くと腰痛と足のしびれで、長時間歩くことができなくなってしまいます。

検査と診断

どちらの病気も、X線検査を行えば比較的簡単に診断できますが、たとえ腰椎が分離していたり、すべっていたとしても症状が見受けられないこともあるため注意しなければなりません。このほか、手術が決まり、その準備としてCT検査やMRI検査を行います。これらの検査では、神経圧迫の状態を詳しく調べたり、分離した部分をよりハッキリとチェックすることができます。

治療法

腰椎分離症、腰椎すべり症ともに、基本的な治療法は“安静”です。必要に応じて、コルセットを着用することもあるでしょう。また、薬物治療では消炎鎮痛剤や筋弛緩剤、神経賦活(ふかつ)薬、末梢循環改善薬など使って痛みを和らげたり、神経の修復を助けたりします。さらに、血液循環をよくするための温熱療法や、神経に局所麻酔薬を注射する神経ブロックなどの治療を行います。


これらの保存治療を行っても症状が改善しない場合には、手術治療が検討されます。腰椎分離症に対しては、分離部の固定手術を行います。一方、腰椎すべり症では、すべっている腰椎間の固定手術を行います。固定手術は骨盤などから自分の骨を移植する場合と、人工骨を用いる場合があります。状態によって、金属製の器具を固定するための補助として使うケースもあります。


ページの先頭へ