待合室へ



五十肩

比較的急性に、肩の関節に痛みや痺れが生じ、肩の動きが悪くなるのが一般的に「四十肩」「五十肩」と呼ばれるものです。40~60代に多くみられるこの症状は、半年から1年半程度で治るとされています。しかし、日常生活にも影響があるため、決して軽視することはできません。

どんな病気?

五十肩(四十肩)は肩関節の周囲に起こる炎症で、正式には「肩関節周囲炎」といいます。40代で発症すれば四十肩、50代で発症すれば五十肩と診断されますが、いずれも同じ病気です。原因は明らかになっていませんが、老化によって腕と肩を支える筋肉が硬くなると、その影響から筋肉と骨の結合部分である「腱」がもろくなり、炎症を起こしやすくなると考えられています。なお、五十肩は中高年(40代以降)に多くみられるという点以外、男女差や運動習慣などによる発症頻度の違いはなく、また利き腕に起こりやすいということもありません。ただし、長きに渡って肩関節を酷使し、過去に関節を痛めたことのある人は、いったん五十肩にかかると治りにくい傾向にあるようです。

検査と診断

五十肩になると、肩関節の動かせる範囲(可動域)が制限されてきます。よって、整形外科では腕を上げる、横に開く、後ろに回すなどのさまざまな動作を行い、五十肩であるか否かを判断します。この動作が痛みを伴う、あるいはスムーズに出来ない場合は五十肩が疑われます。

主な症状

物を持ち上げた瞬間や起床時など、突然肩に激痛が走り、それ以降肩を動かすたびに痛むのが特徴です。腕を上げたり、背中に回したりするときの痛みはかなり激しく、シャツを着る、ネクタイを首にかける、髪を結うなどの動作すら困難な状況になってしまいます。また、肩の背中側を手で押してもあまり痛くありませんが、肩の胸側を押すと強い痛みを感じるのも特徴です。

治療法

五十肩の多くは放っておいても半年~1年ほどで自然に治りますが、その間ずっと痛みや「いつ治るか」などの不安に悩まされる人も少なくありません。整形外科では肩関節のどの部分にどのような炎症が起こっているかを検査および診断し、痛みには消炎鎮痛剤などを処方してくれるほか、早期回復のために肩関節の可動域を少しずつ広げる運動療法の指導も行ってくれます。医師に相談し、治療を受けることは完治に向けての近道です。

五十肩のセルフケア

患部を温める

痛みがあるときは安静にし、患部(肩関節)を温めると効果的です。熱いお湯に浸したタオルを絞ってビニール袋に入れ、肩関節を包むように広げてのせるといいでしょう。この際、市販の湿布薬を用いてもかまいません。その他、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かったり、シャワーをかけたりするのも手軽な方法です。40~42度のお湯、17~20度の水をいずれも交互に2~3分ずつかけ、これを10~20分ほど続けたら、最後は肩が冷えないようお湯のシャワーで終了します。また、襟刳りの大きく開いた服は肩を冷やす原因となるので、普段の服装にも気を配るようにしてください。

体操

痛いからといって全く動かさずにいると、肩関節がほとんど動かなくなる「フローズン・ショルダー(凍結肩)」になることも・・・。症状の悪化を防ぎ、回復を早めるためにも肩関節の可動域を少しずつ広げる体操が効果的です。両腕を前から真上にあげたり、真横から真上にあげたりするほか、肩の高さで上下させたり、外に開いたりします。さらに両腕を背中に回したり、後頭部に回したりする運動を痛みが起こらない程度の範囲内で、無理せず行ってください。ほんの少しずつでも、毎日続けることで大きな効果が得られるはずです。


ページの先頭へ