待合室へ



整形外科

以前は美容外科も「整形外科」と標記していたことから、美容外科と混同されがちでした。一般的に、整形外科は身体の運動に関する背骨や手足のケガ、病気、脊髄、筋骨格系の治療が対象です。代表的な病気として肩こり、骨折、捻挫、腰痛、脱臼、股関節症、変形性関節症などがあります。

主な病気と症状

  各部位の痛み 筋骨格系の痛み 変形・奇形 腫れ・痺れ その他
首・肩 手・腕 足・股関節・腰 筋肉(腱) 関節
肩こり           頭痛、吐き気
五十肩          
むちうち               頭痛、吐き気
椎間板
ヘルニア
          感覚障害等
脊柱管狭窄症             歩行障害
ぎっくり腰                
腰椎分離症・
腰椎すべり症
             
変形性関節症              
骨折              
脱臼            
捻挫              
筋肉痛                
肉離れ                
アキレス腱断裂              
腱鞘炎              
突き指              
外反母趾              
内反足・
外反足・偏平足
             
関節炎                
骨髄炎             全身症状
O脚・X脚                
野球肘              
骨腫瘍              

骨格筋系の構造と働き

人間の体が一定の形を保ち、安定して動くことができるのは「筋骨格系」の働きによるものです。筋骨格系は骨格を形成する骨と筋肉、腱、靭帯、関節、軟骨、その他の結合組織から成り立っています。「結合組織」とは体内のさまざまな組織や器官を結び付けている組織で、その主な成分は弾性線維とコラーゲン(たんぱく質)です。結合組織は人体のさまざまな組織を支えて臓器の位置を保ち、全ての組織の基礎となる構造をつくりあげています。

骨はからだ全体を支える作用以外にも、いくつかの骨が集まることで骨格を形成し、重要な器官(脳や内臓など)を収めて保護する役割、造血機能のある骨髄において赤血球や白血球、血小板を絶えず新生する作用、骨中に蓄えられた電解質(カルシウムなど)を必要に応じて引き出し、血流によって送り出す貯蔵作用などがあります。

筋肉

人体には600以上もの筋肉があり、一般的な運動(歩く、走る、物を持つなど)に作用するほか、呼吸運動や胃腸の消化運動などにも作用します。同じ筋肉でも骨格のまわりについているのは「骨格筋」といい、自分の思い通りに動かすことができるため「随意筋」とも呼ばれています。一方、心臓や胃は自分の意思で動かしたり、止めたりすることができないので「不随意筋」と呼ばれています。

関節

関節は骨と骨のつなぎ目にあたる部分で、私たちが自由にからだを動かすうえで欠かせない存在です。硬い骨同士が直接ぶつからないよう、骨と骨が接する部分はクッションの役割を果たす「関節軟骨」で覆われています。この軟骨の表面は実に滑らかで、腕や足などをスムーズに動かすことができるのです。つなぎ目全体は関節包という袋状の組織に包まれていて、この内側には滑膜があり、関節が動くときに潤滑油の役割を果たす「髄液」を分泌しています。


ページの先頭へ