待合室へ



理学療法

高齢化社会とあいまって、何かと福祉の分野が注目されている近年。いろんな病気や障害をもつ人たちは、少しでも状態がよくなり、日常生活をラクに送ることができればいいと常に思っていることでしょう。そこで、役立つのが理学療法です。ここでは、その理学療法について説明したいと思います。

どんな療法?

病気やけが、交通事故などによる後遺症や障害をもつ人に対して、主に運動療法と物理療法を施し、座る・立つ・歩くなどの生活の基本的動作能力をできる限りできるようにするための療法になります。


理学療法の役割としては、健康維持・増進のための身体運動の提案、家に閉じこもりがちにならないための支援をはじめ、退院後の生活サポートなども挙げられます。また大人(高齢者)だけではなく、障害をもっていたり、成長がゆっくりの子供たちに対しても理学療法は必要不可欠なものになります。最近では生活習慣病の予防やコントロール、障害予防といったものも理学療法の対象になると考えられています。

リハビリの内容

では、具体的にどのようなことをするのでしょう?大きくは、運動療法物理療法に分けられます。リハビリを受ける側にとっては、訓練の内容によっては痛みを伴うこともあるため、つらい場合がありますが、どの訓練も身体機能回復のためには大事なものです。このほか、呼吸理学療法も行います。

運動療法

運動療法では、関節の曲げ伸ばしをすることで関節の可動範囲を広げたり、バーにつかまって歩行訓練を行って身体を動かします。さまざまな運動で、動かなくなったり固くなってしまった関節や筋肉をほぐしていきます。また、補助的なものとして、水治療法を取り入れることがあります。水中では身体が軽くなるので、手足をラクに動かすことができます。

物理療法

物理療法では、電気や温熱などを使って病気やけがによる痛みを和らげることで関節などの可動範囲を広げ、身体を動きやすくします。

電気療法

電気療法には筋肉の萎縮を防いだり、痛みを緩和する効果があります。低周波や超音波などを用いて行います。さらに、赤外線や紫外線などで温めたり、刺激を与えたりもします。

温熱療法

これは、電気療法と少しかぶります。赤外線や紫外線などを用いて温めることで、血液循環をよくします。痛みが緩和されるだけではなく、新陳代謝の促進にも役立ちます。

マッサージ

身体をマッサージすることで、筋肉をほぐしていきます。マッサージなら、電気や温熱による刺激に弱い人でも大丈夫です。手による刺激は、意外と大きな効果をもたらします。

その他の仕事

このような理学療法は、一般的には病院や福祉施設、スポーツセンターなどで受けることができます。ですが、在宅ケアや訪問リハビリといった形でも、訓練が受けられます。入院中は毎日リハビリしていても、退院してやらなくなってしまったり、病気のために定期的な通院が難しい…ということはよくあります。そんなとき、家に訪問して運動療法を行うのです。1対1でじっくり取り組むことができるため、得られる効果も高くなりますが、訪問リハビリを取り入れているところはまだ少ないのが現状です。

理学療法士

ここで紹介していることを行うのは、一体誰なのでしょうか?病院でも訪問でも、理学療法を行うのは、理学療法士になります。この理学療法士は医師の指導にもとづいて、身体的なリハビリテーションを行う専門職です。国家資格のため、厚生労働省指定の養成学校で学び、国家試験に合格しなければなりません。理学療法士はとても高い注目を集めている職業で、転職を考えて資格をとる社会人が増えています。


理学療法士が行う仕事としては、身体的なリハビリテーションが主になりますが、ほかに、住宅改修や福祉用具に関するアドバイスなどもすることがあります。より快適な生活のためにいろんな面からのサポート力が求められます。


ページの先頭へ