待合室へ



言語聴覚療法

病気やけが、発育上の問題などから言語、聴覚、発声といったコミュニケーションに不可欠な機能が損なわれる場合があります。そういった人たちに対して、言語聴覚療法が行われます。少しでも障害を取り除き、周囲とのコミュニケーションを楽しむ手助けをする言語聴覚療法について説明していきましょう。

どんな療法?

脳血管障害や頭部の外傷、そのほかの病気による後遺症として、失語症や構音障害、音声障害、高次脳機能障害といったコミュニケーションの障害をもつ人に対し、言葉の訓練やコミュニケーションをスムーズにするための訓練、発声方法の指導などを行う療法になります。加えて、言語聴覚療法は脳の病気などにより、摂食・嚥下障害を抱えている人向けの専門的なリハビリにも対応しています。症状を改善し、生活の質を上げることを目的としています。


この言語聴覚療法は、主に次のような病気・障害をもつ人を対象に行われています。

失語症

脳の病気などによって、言葉に障害が起きます。相手の言っていることが理解できなかったり、思うように言葉が出てこなかったり、読み書きができなかったりします。

音声障害

喉の病気、または誤った声の出し方などが原因で、声がかすれたり、声の大きさを調節することができなくなったりします。

構音障害

病気やけがのために舌や唇がマヒしていることが原因で、ロレツが回りません。

摂食・嚥下障害

脳の病気や損傷、ほかの神経系の病気などにより、水や食べ物にむせたり、いつまでも口の中に残って飲み込めなくなります。

リハビリの内容

言語聴覚療法では、実際にどんなことをするのか、リハビリの内容を見てみましょう。患者さんのペースに合わせて、慌てずゆっくりと行うことが言語聴覚療法のポイントになります。

失語症の訓練

文字や絵のカードを使って、リハビリを行います。まずは自分の名前や「こんにちは」など簡単な挨拶から練習していきます。また「メガネ」や「帽子」などの身近なものから言える単語の数を少しずつ増やします。

音声障害・構音障害の訓練

下や唇の体操や呼吸訓練、発声練習などを行います。音声や構音障害の場合、言葉は理解していても、それを発することができないので、発声がスムーズにできるようにリハビリします。姿勢を正すことからはじめ、鏡を見ながら口を動かしたり、長く声を出す練習を繰り返します。

摂食・嚥下訓練

最初に嚥下造影検査(VF)を行い、X線を使って食べている様子をビデオに記録して分析します。そして、直接食べ物を使った訓練や、口の運動、アイスマッサージなどを行います。特に、口の中の飲み込みの反射が起こりやすい部位に冷たい刺激を与えて、嚥下しやすくするアイスマッサージはとても効果的です。

その他の仕事

上記の障害のほか、吃音や聴覚障害などの問題を持っている人に対するサポートも、拳固聴覚療法によって行います。吃音は年齢に関係なく発症しますが、なかでも子供に多く見られるでしょう。出だしの言葉につまったり、同じ言葉の繰り返し、引き延ばしなどがあります。これには精神的なことが大きく影響していると考えられるため、言語訓練と並行して生活環境の改善が必要になります。また、聴覚障害は病気やけがなどが原因で、耳の聞こえが悪くなった状態です。先天性と後天性があります。この場合、聞こえに問題があるため、絵カードなどの視覚的手段を使った療法をしていかなければなりません。

言語聴覚士

このような言語聴覚療法を行うのは、言語聴覚士になります。病気などが原因となり、言葉に問題を抱えている人のコミュニケーション能力をさまざまなリハビリを通して回復させていく専門職です。言語聴覚士は病院やリハビリテーションセンター、福祉施設などの幅広い領域で活躍していて、医師の指示に従って機能訓練を行う以外に、聴覚検査や補聴器の装着指導なども行います。


言語聴覚士の資格を取得するためには、国家試験に合格する必要があります。厚生労働省認定の言語聴覚士養成学校で、必要な知識や技能を学ばなければなりません。言語聴覚しには、知識や技能だけではなく、自己表現したくても上手にできない人たち思いを受け止め、さらにはうまく引き出していく力が求められます。


ページの先頭へ