待合室へ



リハビリテーション

大きな病院などでは、治療後の患者さんが身体機能などを回復し、日常生活を送れるようにするためのリハビリテーションを行っているところがあります。一人ひとりの状態に合わせた訓練をしなければなりません。リハビリテーション室で行う業務内容や対象となる病気などを説明しましょう。

リハビリテーション室って?

リハビリテーションは「人間らしく生きるための権利回復」といえます。専門的な知識や技術を使って病気やけが障害をもった人が充実した生活が送れるように、さまざまな面でサポートし、身体や精神の機能を最大限に回復させることがリハビリテーションの目的となります。リハビリテーション室では、その手助けをするために理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが治療・訓練にあたっています。また、彼らだけでは一人ひとりに合ったリハビリテーションを行うことは難しいです。医師をはじめ、看護師やソーシャルワーカーなどとも密に連絡を取り合い、協力しながら進めていくことが重要なのです。

業務内容

リハビリテーション室で行われる主な業務内容について、紹介しましょう。ここでは、基本的なものだけを挙げているので、病院で福祉施設などによって、その業務内容は異なります。

理学療法部門

理学療法部門では、病気やけがが原因で身体に障害をもつ人に、物理療法や運動療法、それから日常生活動作訓練などを行います。

作業療法部門

作業療法部門では、病気やけがが原因で身体に障害をもつ人が残存機能をフル活用し、家庭復帰や社会復帰を実現するための日常生活動作訓練などを行います。

言語聴覚療法部門

脳血管障害などの病気が原因で言語障害をもつ人が、上手に周囲とのコミュニケーションがとれるように訓練を行います。また、嚥下障害の治療も行います。

「訪問リハビリテーション」

リハビリテーション室内での治療・訓練にとどまらず、在宅患者の家を訪れる「訪問リハビリテーション」を行う病院も増えています。

対象となる病気

リハビリテーションを必要とする人は、どういった病気や障害をもっているのでしょう?リハビリテーションの対象となる病気を紹介します。

中枢神経系

脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、頭部外傷、パーキンソン病・症候群など

整形外科系

骨折、骨折術後、変形性関節疾患、関節リウマチ、肩関節周囲炎など

呼吸循環代謝系

肺炎、慢性閉塞性肺疾患、心不全、心筋梗塞、糖尿病など

腎疾患

急性・慢性腎不全、血液透析を受けている場合など

悪性腫瘍

肺がん、食道がん、肝臓がん、胃がんなど

その他

やけどの皮膚移植後、外科術後、肺炎後の廃用症候群など


ページの先頭へ