待合室へ



脳腫瘍

脳腫瘍は、頭の骨の中にできる腫瘍で、良性のものと悪性のものがあります。なかでも、悪性の脳腫瘍は命を落とすキケン性がある、とても恐ろしい病気です。人口10万人あたり10~12人の割合で脳腫瘍が発生すると考えられています。ここでは、主な症状や検査、治療法などを説明していくことにしましょう。

どんな病気?

脳腫瘍とは、頭蓋骨の内側にできる腫瘍のことをいいます。子供から高齢者まで幅広い年齢層にでき、体の他の部位に発生したがんが転移してくる転移性脳腫瘍と、脳そのものから腫瘍ができる原発性脳腫瘍の大きく2つに分けられます。原発脳腫瘍は、さらに良性と悪性に分けられます。また、同じ脳内でも腫瘍ができる場所によって、その種類が異なります。脳神経や脳保護膜、下垂体といったところに腫瘍が発生します。


加えて、種類ごとに発生しやすい年齢があって、大人に多く発生する腫瘍は大脳と呼ばれる脳の上半分に多く見られ、子供では小脳と呼ばれる脳の下半分や脳の中心である脳幹に多く発生します。多くの脳腫瘍は脳のなかにひとつだけできます。しかし、転移性脳腫瘍や悪性リンパ腫では2つ以上できることもあります。

主な症状

頭痛、嘔吐、視力障害が脳腫瘍の代表的な症状になります。特に、朝起床時に強い頭痛を訴える場合、食事内容などとは関係なく吐き気を伴わずに嘔吐してしまう場合、それからけいれん発作を起こした場合などは脳腫瘍が強く疑われます。そのほか、局所症状といって、体の麻痺や言語障害、性格の変化などが見られます。さらに女性の場合は、無月経などの症状があらわれることもあります。これは、下垂体という部分に腫瘍ができると、ホルモンが過剰に分泌されるために起こります。また、子供(乳幼児)の場合、頭部が大きくなるというような症状が見られることも…。白血病に次いで、子供によく発生する病気が脳腫瘍です。このような症状が見られたら、一刻も早く受診してください。

検査と診断

まず症状から脳腫瘍が疑われる場合、CT検査やMRI検査などの画像診断によって、ほぼ100パーセント確定診断ができるとされています。これらの検査を行うことで、脳腫瘍の有無や位置などを確認することができます。ときには、造影剤を使った検査や脳血管撮影、腫瘍マーカーなどの検査を行うことがあります。こういった検査は主に治療法を決めるために行われますが、ほかにもホルモン検査や視野検査、聴力検査などが治療法の決定に役立ちます。

治療法

脳腫瘍が次第に大きくなってくると、その周囲の脳機能にさまざまな障害が出てきます。そのことで、いろんな自覚症状もあらわれます。それが良性の脳腫瘍だったとしても、大きさや位置によっては注意しなければなりません。脳腫瘍の治療法は、基本的には手術になります。手術顕微鏡による手術は、内視鏡を使ったり、CTやMRI画像を見ながら手術を進めていく手術支援システムを利用して行います。さらに、脳腫瘍を発光させたり、頭蓋骨を細かく切ったり、脳血管に他の場所の血管を移植したり…さまざまな医療技術が生み出されているのです。


手術以外にも、必要に応じて放射線治療、抗がん剤を用いた化学療法や免疫療法などを組み合わせていきます。こうして治療をしても、部位ごとに脳機能が違うため、腫瘍の部位に応じて異なった後遺症が出る可能性がないとは言い切れません。

再発の可能性

腫瘍が悪性であった場合は、再発する可能性があります。治療後すぐには再発しなくても、何年か経ってから、再発する場合も考えられます。もともと脳は、とても複雑でデリケートな部分です。そんな場所に腫瘍ができてしまうと、手術治療をしてもすべてを完全に取り除くことは難しいといわれています。なので、どうしても再発の可能性が高くなってしまうというわけです。もしも再発してしまった場合は、脳内または体の別の場所に腫瘍ができてしまうことがあります。


ページの先頭へ