待合室へ



水頭症

水頭症はわかりやすく言えば、その名のとおり頭に水がたまる病気です。水頭症には、先天性のものと後天性のものがあって、前者は子供、後者は大人(特に高齢者)に多く見られます。水頭症とは具体的にどのような病気なのか、その原因や主な症状、治療法などを通して、説明していくことにしましょう。

どんな病気?

頭蓋内に髄液という液体が多くたまりすぎて、脳が圧迫されていろいろな症状があらわれる病気を水頭症といいます。原因として考えられることは、髄液が多くつくられる、髄液の流れが妨げられていたり、髄液の吸収が悪い…といったことがあります。では、なぜそういった事態を招くのでしょう?脳自体または周辺血管の奇形、脳腫瘍や脳出血などから起こる炎症が原因といわれています。


この水頭症という病気は、子供がかかるものと大人がかかるものに分けられます。

子供の水頭症

子供がかかる水頭症の多くは、髄液の流れが悪くなって起こります。これは「非交通性水頭症」ともよばれます。

大人の水頭症

一方、大人がかかる水頭症は、髄液の産生や吸収に問題があるために起こります。これは「交通性水頭症」とよばれます。

主な症状

水頭症では、どんな症状が見られるのでしょう?子供と大人…それぞれの症状を見ていきたいと思います。

子供の場合

乳幼児が発症しやすく、小児水頭症といわれます。小さいうちは、頭蓋骨が未完成なので、高まった頭蓋内圧に押し広げられることで、頭が大きくなります。これが一番目立つ症状といっていいでしょう。また、目が下を向く落陽現象が起こったり、不機嫌、眠ってばかりいるなどの症状が出ます。さらに、幼児期以降の発症では頭囲は大きくならず、頭痛や嘔吐の症状があらわれます。

大人の場合

水頭症は子供だけでなく、大人も発症する病気です。脳血管障害や脳外傷などの後遺症として、発症することがあります。これを続発性正常圧水頭症といい、元の病気や原因が特定できないものを突発性正常圧水頭症といいます。症状としては、すり足やふらついて転倒するなどの歩行障害、認知症、尿失禁などが見られます。

検査と診断

水頭症の検査は子供、大人どちらの場合も外来での診察と、CTやMRIなどの画像検査が主になります。診察ではいつ頃からどんな症状が見られるか…といった問診が行われ、子供の場合は頭囲成長曲線を作り、頭の大きさをチェックします。そのあと、頭部CTやMRI検査を行って脳室拡大の程度を確認します。これで、脳室の拡大が確認されれば、診断が確定します。このほか、大人の場合は髄液タップテストという髄液を少しだけ抜く検査を行います。この検査が、手術をしたほうがいいかどうかの判断材料になります。

治療法

水頭症に対してはほとんどの場合、外科的治療を行います。原因となる病気が脳腫瘍の際には、摘出も含めて腫瘍そのものに対する治療を施すことになります。それ以外の原因で発症したものについては、「シャント手術」を行うのが一般的です。この「シャント手術」というのは、頭の中にチューブを入れて、余分な髄液を腹部や心臓などの別の場所に流す方法で、効果的な治療法とされています。また、最近では内視鏡手術が行われるケースもあります。

シャント手術後の注意点

水頭症は術後ほとんど何の後遺症も出ないこともあれば、運動障害や知的障害などの後遺症があらわれることもあります。万が一、何らかの後遺症が出た場合には、それに応じた治療やリハビリが必要になるでしょう。同時に、「シャント手術」のあとは頭に入っているチューブの調子にも気を配らなければなりません。特に子供の場合、成長に伴ってチューブが短くなることが考えられます。他にも頭痛やめまい、発熱、チューブを挿入している部分の皮膚が赤くなっている…というようなことがあれば、速やかに受診しましょう。


ページの先頭へ