待合室へ



脳梗塞

日本では、脳血管障害の患者さんのうち4分の3を脳梗塞が占めています。これほどポピュラーな病気ですが、みなさんは脳梗塞についてどれだけ知っているでしょうか?早期発見・治療しなければ、とてもキケンな病気です。ここでは、脳梗塞の種類や症状、治療法などを説明しましょう。

どんな病気?

脳梗塞は、何らかの原因で脳の血管が狭くなったり詰まったりして、脳に十分な酸素がいかなくなった状態のことをいいます。脳の神経に傷がつく病気である脳血管障害の70~80パーセントは、脳梗塞だといわれています。特に高齢者がかかりやすい病気として知られていますが、一体何が原因で発症するのでしょう?その原因は大きく3つに分けられます。原因によって、動脈硬化性血栓性脳梗塞、「ラクナ梗塞」、脳塞栓というように病名が異なります。次の項目でそれぞれの特徴と症状を見ていきましょう。

主な症状

脳梗塞を発症したときの主な症状として、ろれつが回らない、半身麻痺、意識をうしなう、ものが二重に見える、頭痛、言葉が出てこない…などが挙げられます。また、原因のタイプによっても、あらわれる症状が違ってきます。

動脈硬化性血栓性脳梗塞

「アテローム血栓性脳梗塞」とも呼ばれています。アテロームという脂肪のかたまりが、脳の太い血管をふさいでしまいます。高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が原因です。半身麻痺、感覚障害、めまい、言葉が出ないなどの症状がわりとゆっくり進行していきます。

「ラクナ梗塞」

脳の深いところにある細い血管が動脈硬化を起こしたり、小さな血のかたまりが飛んで小血管をふさいでしまいます。日本人に一番多い脳梗塞といわれ、主に高血圧が原因です。半身麻痺や感覚障害などの症状がありますが、基本的に自覚症状が少ないため、本人は気づかない場合もあります。

心原性脳塞栓症

心臓内や首の血管内にできた血のかたまりが、血流に乗って脳に流れ込むことで、血管が詰まります。リウマチ性心臓病や心筋梗塞、心筋症などの原因が考えられますが、なかでも一番多いのは不整脈です。脳梗塞の代表的な症状に加えて、意識障害を伴うことも少なくありません。

検査と診断

頭部CT検査やMRI検査、胸部X線検査などの画像診断をはじめ、血液検査、心電図、内科的・神経学的診察などを行い、確定診断します。こうして脳梗塞と診断されたら、今度はどのタイプの脳梗塞かを診断しなければなりません。そのために、血管超音波検査、MRアンギオグラフィー、CTアンギオグラフィー、脳血管造影、さらには心臓の検査、血液凝固・血小板機能検査を行います。このような、さまざまな検査によって脳梗塞の正確な診断が下されるのです。


また、これらの検査は一刻も早くする必要があります。“脳梗塞は時間とのたたかい”ともいわれるように、脳の正常な働きを取り戻すためには1分1秒をあらそいます。すばやく的確な診断が早期の治療開始へとつながります。

治療法

発症したばかりの脳梗塞に対しては、血のたかまり(血栓)を溶かす治療を行います。薬を使った治療が主です。脳組織が炎症で膨れ上がるのを抑えたり、脳組織が害されないように体温を下げたり、有害な活性酸素の発生を防いだりなど、さまざまな作用を持つ薬を用いて治療します。さらに、血栓の原因となった心臓の不整脈も、治療しなければなりません。脳外科の手術が効果的なのは、小脳という部分にできた大きな梗塞や、梗塞のために大脳全体が膨れ上がっているときのみになります。

予防

脳梗塞を起こしてしまったあと、再発防止に努めることも大事ですが、できることなら最初から起こさないようにしたいものです。高血圧や糖尿病、不整脈といった持病があれば、それをきちんと治療するようにして、食事などにも十分に気を配り、規則正しい毎日を送りましょう。


また、脳梗塞とストレスは密接な関係があります。ストレスをため込むことで、自律神経が乱れ、血圧や脈拍は上がってしまいます。これは、高血圧や不整脈の原因になりかねません。さらにストレスからくる暴飲・暴食は動脈硬化を起こし、脳梗塞のきっかけとなります。そのため、できるだけストレスをためないように心がけましょう。


ページの先頭へ