待合室へ



熱性けいれん

赤ちゃんや幼児が急な高熱を出すときに、全身に震えが起きて意識がなくなるのが「熱性けいれん」という病気です。初めてかかった病気が「熱性けいれん」ということも多く、その症状から親御さんは、つい慌ててしまいがちですが、こういうときこそ冷静に対処する必要があります。主な症状や対処法などを説明しましょう。

どんな病気?

「熱性けいれん」は、生後6ヶ月~5歳頃までによく見られ、高熱を出すときに起こす全身性のけいれんです。なかでも3歳くらいまでの子供に多く、風邪や麻疹、突発性発疹などの病気にかかり、38度以上の発熱したときに起こりやすいとされています。6歳以降はほとんど発症しなくなるのが、「熱性けいれん」の特徴といえます。基本的には一過性のものですが、場合によっては再発することもあります。


なぜ「熱性けいれん」が起きるのか、その原因は今のところまだ解明されていません。ですが、親や兄弟、祖父母、親戚などの仲に小さい頃に「熱性けいれん」を経験した人がいる場合、その子供も発症する可能性が高いと考えられています。

主な症状

「熱性けいれん」の主な症状としては、全身をピンと突っ張って、意識をうしない、そのあとすぐに手足のけいれんが見られます。ほとんどの場合、全身性のけいれんが起こりますが、なかには体の一部だけがけいれんすることもあります。これを「部分発作型の熱性けいれん」といいます。けいれんの発作は普通1~3分、長くても5分で自然に治まってきます。また、38度以上の発熱の症状を伴います。

検査と診断

発熱を伴うけいれんの症状が出る病気は「熱性けいれん」だけではなく、髄膜炎や脳炎などもあります。診断には、そういった病気との区別が大事になります。発作を起こす前から意識障害があったり、最初の診察で脳神経の異常が見られたときには髄膜炎や脳炎などの別の病気を疑います。診断のために、髄液検査やCT・MRI検査、脳波検査などが行われます。そのほか、てんかんも似たような症状があらわれるので、脳波検査をして調べます。特に発作が繰り返し起こったり、発熱を伴わない場合には、てんかんの可能性も…。

治療法

薬剤投与が「熱性けいれん」の主な治療法になります。けいれん止めの座薬や解熱剤を使います。あまりにも熱が高いときには、点滴治療が行われることもあります。また、「複合型熱性けいれん」といって、てんかんへと移行していくものや、家族にてんかん持ちの人がいる場合などは抗てんかん薬を少なくとも2年間は服用しなければなりません。

対処法

子供が初めて「熱性けいれん」を起こしたとき、慌てふためいてしまい頭が真っ白になる親御さんも多いと思います。そんなとき、正しい対処法を知っていれば少しは落ち着けるのではないでしょうか。「熱性けいれん」の発作が起きたときの対処法を見てみましょう。

服をゆるめて、顔を横向きにする

首まわりや胸元のボタンを外して、服をゆるめましょう。ベルトやヘアピンなど、服以外に身に付けているものは全部とりましょう。また、発作で嘔吐する場合があるので、嘔吐物が気管に詰まらないように、顔を横向きにして寝かせます。

時間をはかる

次に、発作が始まった時間を確認して、続いている時間をはかりましょう。10分以上続くときには早急に受診しましょう。

体温をはかる

普通は、38度以上の発熱を伴います。熱がないにもかかわらず発作が起きている場合は、早急に受診しましょう。

様子を観察する

全身の突っ張り方や震えが左右対称かどうかを見ましょう。左右どちらか片方だったり、次第に広範囲になっていくような場合は早急に受診しましょう。

治まったら全身状態をチェックする

発作が治まったら、顔色や目の動き、呼吸の様子、手足の状態など…全身状態を確認しましょう。異常がなければ、薄着にして、脇の下や足のつけ根、首筋などを冷やしてください。


ページの先頭へ