待合室へ



ギラン・バレー症候群

手足の脱力やしびれといった症状があらわれる「ギラン・バレー症候群」。子供から高齢者まで幅広い年齢層で発症する、特定疾患(難病)に指定されている病気です。難病の中ではそれほど珍しくはないとされている「ギラン・バレー症候群」ですが、一体どのような病気なのでしょう?その特徴や主な症状、治療法などを説明していきたいと思います。

どんな病気?

「ギラン・バレー症候群」は、何らかの原因で筋肉を動かす運動神経に障害が起き、両方の手足に力が入らなくなってしまう病気といわれています。別名を急性炎症性脱髄性多発神経炎といいます。発病の頻度は10万人に1~2人とされる、この病気の原因は何なのでしょか?残念ながら、今のところはなぜ運動神経に障害が起こるのか、十分な解明はなされていません。ですが、初期症状として発熱や下痢などの風邪症状が見られることから、ウイルスなどのかんせんが引き金となって、免疫機能に異常をきたす…これが原因と考えられています。ちなみに、日本では推定で年間約2000人以上が発病しているとされています。

主な症状

まず、発病の約1~3週間前から、兆候があらわれるようになります。発熱や咳、喉の痛み、さらには吐き気、下痢といった風邪のような症状が見られます。そのあと急に両方の手足が動かなくなって、多くの人にしびれの症状が出るのが「ギラン・バレー症候群」の特徴といえます。歩けない・物が持てないといった症状以外に、「ギラン・バレー症候群」にかかっている人の半数は顔面麻痺で目を閉じられなくなったり、ろれつがまわらなくなったりします。さらに進行すると、物が二重に見える、言葉が出ない、食べ物を飲み込めない…などの症状が見られる場合もあります。また、次第に呼吸がしにくくなって、人工呼吸器などが必要になってくることもあるので注意しなければなりません。できれば、そのような症状が出る前に治療を始めることが望まれます。

検査と診断

まずは問診と診察の結果、「ギラン・バレー症候群」ではないかということが疑われます。より詳しく診断するために、髄液検査や筋電図検査、末梢神経伝導検査、それから血液検査などを行います。髄液検査では、発病から1週間を過ぎているとタンパク量の上昇が認められます。ただ、タンパク量が増えていても、細胞は増えていないのが「ギラン・バレー症候群」の特徴で、髄膜炎との区別に役立ちます。また、筋電図検査や末梢神経伝導検査では、神経伝導速度の遅れなどの異常を見つけることができます。

治療法

「ギラン・バレー症候群」を発病すると、入院治療が必要になります。治療を始めるのが早ければ早いほど、回復も早くて入院も短期間で済みます。一般的には「免疫グロブリン療法」(点滴)や血漿(けっしょう)交換療法などの治療法が効果的とされています。重症度にもよるでしょうが、体への負担などからも比較的前者を選ぶ人が多いでしょう。呼吸筋に麻痺がある場合は、人工呼吸器を使った治療を行います。適切な治療でたいてい病気の進行は4週以内に止まり、運動麻痺も少しずつ改善し始めるでしょう。多少の麻痺やしびれが残るとしても、多くは3ヶ月~半年以内に回復していきます。

早期回復に向けて

もちろん早期に適切な治療を受けることで回復も早まりますが、積極的なリハビリで回復のペースをより上げることができます。関節がかたくなってしまわないように、意識的に動かすなど、回復期は特に根気よく運動機能の訓練をしなければなりません。無理をしない程度に、動かせるところはどんどん動かすようにしましょう。


ページの先頭へ