待合室へ



脳神経外科

脳神経外科は、脳、脊髄、末梢神経系と血管、骨、筋肉といった付属器官などに関係する病気のうち、主に外科的な治療を必要とする病気を専門的に扱っている診療科です。これらの器官には大事な神経が通っているため、脳神経外科の診療は、特に慎重を期す必要があります。代表的な病気には脳血管障害や脳腫瘍、認知症、神経痛などが挙げられます。

主な症状と病気

脳神経外科は、脳内の中枢神経と脳から脊髄を通って、さまざまな器官に入っている末梢神経を取り扱っています。頭部に関係するいろいろな病気を中心にした診察、治療が行われています。ここでは、脳神経外科で扱っている主な症状と病気を紹介しています。

  頭痛 発熱 意識障害 けいれん 顔・手足のしびれ ふらつき 麻痺 嘔吐 その他
脳出血       めまい
くも膜下
出血
           
脳腫瘍       視力障害
脳梗塞        
脳炎・
髄膜炎
     
脊髄炎               運動・感覚障害
パーキンソン病               運動・嚥下障害
認知症                 記憶障害・判断力低下
多発性
硬化症
            視力障害
頭痛             目の奥の痛み
ギラン・バレー症候群           手足の脱力等
神経痛                 太もも、背中等の痛み
筋ジストロフィー               筋力低下・運動障害
重症筋
無力症
              筋力低下・視力障害
熱性
けいれん
          脱力等
てんかん              
急性脳症         下痢・吐き気・脱力等
脳性麻痺               知的障害等
水頭症            
もやもや病         運動・感覚障害

脳の構造と働き

私たちの脳は髄膜や髄液で保護されていて、脳頭蓋の内側にある頭蓋腔(とうがいくう)の中に入っています。脳を保護している髄膜には、骨側に張りついている脳硬膜(のうこうまく)と、脳自体についている脳軟膜(のうなんまく)、そして脳硬膜と脳軟膜の間にある脳くも膜と、3つの膜があります。


脳は大脳、中脳、小脳、間脳(かんのう)、橋(きょう)、延髄(えんずい)から成っています。大脳は、左大脳半球と右大脳半球が合体してできていますが、左右の大脳が合体する部分の割れ目が少し開いていて、その溝を大脳縦裂(だいのうじゅうれつ)といいます。ちなみに、大人の脳の重さは、平均で約1300グラムといわれています。


また、大脳の表層は大脳皮質といい、神経細胞の集まりの灰白質(かいはくしつ)でできています。その表面はデコボコしていて、まるでシワが寄っているように見えます。さらに、この大脳皮質は6層構造をもつ新皮質(等皮質)と、6層構造ではない古皮質(異皮質)に分けられますが、人間は90パーセント以上が新皮質となっています。

神経系について

全身に網の目のように張り巡らされている神経は、数えきれないほどの細胞や組織とつながり、機能調整の働きをしています。

中枢神経

末梢から刺激を受けて、興奮を起こす中心部が中枢神経で、脊髄と脳から成っています。

末梢神経

刺激や興奮を中枢と身体各部との間で伝え合う連絡路を末梢神経といい、脳と末梢とを連絡する脳神経と、脊髄と末梢とを連絡する脊髄神経から成っています。

体性神経

随意運動のような動物性機能に関係するものを体性神経といい、感覚器や骨格筋などにあります。

自律神経

不随意筋の運動(意図しない動き)や腺の分泌など、植物性機能に関わるものを自律神経といい、内臓や血管、腺などにあります。


ページの先頭へ