待合室へ



肺炎

肺炎は、子供から高齢者まで誰でもかかる呼吸器の病気です。風邪やインフルエンザなどなって喉に炎症が起きると、細菌やウイルスにかんせんしやすくなり、肺炎を引き起こしてしまいます。風邪が長引くなぁ…と思って病院に行ったら、実は肺炎だったという場合も少なくないでしょう。ここでは、主な症状や治療法などを説明していきたいと思います。

どんな病気?

肺に炎症が起こる病気の総称を、肺炎といいます。風邪などで喉に炎症が起こっていると、病原菌が肺に入り込みやすくなって、肺炎にかかってしまいます。特に高齢者が発病しやすいといわれているのが、この病気です。大きくかんせん性のものと非かんせん性のものに分けられますが、多くは前者になります。また、肺炎にはさまざまな原因があり、病原体別や炎症が起きる場所別など、いろんなふうに分類されます。ここでは病原体による分類で、体表的な肺炎を見ていくことにしましょう。

細菌性肺炎

一般的に“肺炎”といわれるものの多くは、このタイプになります。肺炎球菌や黄色ブドウ球菌、インフルエンザ桿菌(かんきん)、クレブシエラなどの原因菌が挙げられます。

「ウイルス性肺炎」

インフルエンザ、麻疹、水痘などのウイルスが原因で発病します。

「マイコプラズマ肺炎」

子供に多い肺炎です。マイコプラズマという病原体によるもので、治ってから病原体が判明することも少なくありません。

「レジオネラ肺炎」

高齢者が集団かんせんしやすいタイプの肺炎です。温泉や循環式のお風呂などで、菌がよく発生します。

「カリニ肺炎」

ニューモシスチス‐イロペチーという微生物が原因で、別名を「ニューモシスチス肺炎」ともいいます。抗がん剤の治療を受けるなど、身体機能が低下している人に見られます。

主な症状

肺炎の初期症状は、風邪のときとよく似ています。風邪が長引いていると思い、肺炎の症状だと気づかないことも多いでしょう。発熱、寒気、咳、たんなどの風邪症状から始まります。発熱は微熱程度のこともあれば、40度近い高熱になることもあります。症状は進むと咳やたんが強まり、なかなか治まらなくなります。さらに、胸の痛みや呼吸困難などの症状を訴えます。子供や高齢者は症状を伝えないことが多く、急な高熱や食欲低下、チアノーゼなどの症状が出て、初めて肺炎に気づくことがあるので、十分に注意しましょう。

検査と診断

まずは、問診で症状を把握してから、胸部のX線検査や血液検査などを行います。以下に、問診以外の検査法を取り上げていきます。

胸部X線検査

肺炎の診断には、胸部のX線検査が欠かせません。これによって、だいたいの病原体の特定や進行度などを診ることができます。

血液検査

血液検査で白血球や好酸球などの状態から、炎症の有無を調べることができます。

病原体特定のための検査

このほか、病原体を確定するために喀痰検査やCT検査、尿検査などを行うことがあります。症状によって、検査法が変わります。

治療法

肺炎の場合は、薬を用いた治療を中心に行います。まずは、肺炎の原因となっている細菌やウイルスなどを退治するための抗生剤を処方します。また、症状を和らげるための治療として、たんを切って咳を止める薬や解熱剤などを服用します。重症のときは、入院して点滴治療をしたり、吸引器によるたんの吸引が必要になる場合もあります。

家庭でのケア・予防

家庭でのケア方法は、部屋の湿度を高めにすると咳が和らぎ、呼吸もラクになるでしょう。また、上体を少し高めにして横になったほうが咳が出にくくなります。たっぷり水分補給することが大事ですが、咳がひどいときは少しずつこまめに摂るようにしてください。熱も下がり、食欲が戻ったら喉ごしがよくやわらかいものを食べるようにしましょう。


肺炎の特別な予防法はなく、風邪やインフルエンザの予防法と同じになります。外出先から帰ったら手洗いとうがいをするように心がけましょう。さらに、禁煙も肺炎の予防には効果的です。子供のいる家庭では、親御さんはベランダなどで吸うなどの工夫をしなければなりません。部屋の換気をよくし、キレイな空気を保つようにしてください。


ページの先頭へ