待合室へ



呼吸器科

呼吸器科とは、気管、気管支、肺、横隔膜などの呼吸器に関係する病気を専門的に扱っている診療科です。どれも呼吸器にかかわる重要な器官なので、治療はよりいっそう慎重に行われます。呼吸器科で診療対象となっているのは、「肺がん」、肺炎、気胸、気管支喘息などが挙げられます。

主な症状と病気

呼吸器科は、気管、気管支、肺、横隔膜といった、私たちが呼吸をするために欠かせない器官を取り扱っています。気管や肺など、どの病気も軽いものから重いものまでさまざまです。ここでは、呼吸器科で扱っている主な症状と病気を紹介しています。

  発熱 頭痛 倦怠感 たん 胸の痛み 呼吸困難 喉の痛み
違和感
食欲不振 吐き気
嘔吐
その他
肺がん     血たん・体重減少
肺炎       チアノーゼ
肺結核     寝汗・血たん
気管支喘息              
気管支
拡張症
            血たん
肺水腫               喘鳴・下肢のむくみ等
胸膜炎       寝汗
気胸                
呼吸不全                  
過換気
症候群
              めまい・不安感
SARS         意識混濁・下痢
鳥・豚インフルエンザ       関節痛・腹痛

気道のしくみ

気道は肺に空気を送り届けたり、肺からの空気を出す際の空気の通り道になっています。鼻腔、口腔、喉頭、気管、気管支などから成ります。

咽頭

咽頭は、鼻腔(びくう)と口腔、喉頭のうしろにあって、頭蓋骨の底面から食道に続いていきます。鼻、口、喉頭の3つの部分に分けられています。また、この咽頭は口腔から食道に食べ物が通る消化管の一部でもあり、鼻腔から喉頭への空気の通り道にもなっているため、気道の一部でもあります。

喉頭

喉頭は、空気の通り道で、喉頭壁は喉頭軟骨、靭帯(じんたい)、喉頭筋、粘膜から成っています。また、発声器としての役割も持っています。

声帯

声帯は、喉頭腔の真ん中あたりの両サイドに声帯ヒダがあります。その左右の声帯ヒダの間を声門裂(せいもんれつ)といい、声帯ヒダと声門裂をまとめて声門といいます。声帯を振動させることで、声が出ます。

気管・気管支

気管は、喉頭に続いている左右の気管支に分かれるまでの細長い管です。気管支は肺の入り口から入って、細かく分かれて肺胞(はいほう)と呼ばれるガス交換を行う部分になります。

肺の構造と働き

肺は、心臓を挟んで左右に1つずつあります。挟まれているのは心臓だけでなく、胸腺、気管、気管支、食道、大動脈、大静脈、胸管、神経などのも存在しています。肺の上のほうの端を肺尖(はいせん)、下のほうを肺底といって、この肺底は横隔膜の上にあります。また、肺動脈や肺静脈などが心臓に出入りする部分を肺門といいます。肺は、右が上葉、中葉、下葉の3つ、左は上葉、下葉の2つに分かれています。さらに、肺は胸膜に直接包まれていて、肺門部で折れ返るようなかたちになっています。そして、胸腔内壁に密着している漿膜(しょうまく)という薄い半透明の膜が2枚あり、その間に少量の液体を出すことで、肺の拡張・収縮によって肺と胸壁とがこすれ合うのを防いでいるのです。


ページの先頭へ