待合室へ



腫瘍マーカー

「腫瘍マーカー」はこれ自体が検査名ではないので、正しくは「腫瘍マーカー検査」といいます。この検査は、ガンがあるかどうかの目安になる検査値です。ガン診断の第一段階の検査になります。ここでは、「腫瘍マーカー」を使った検査の特徴や手順などを説明していくことにしましょう。

どんな検査?

「腫瘍マーカー」とは、ガン患者の血液中や尿中、組織内に発見される異常な量の物質のことをいいます。もしガン細胞がある場合には、健康なときにはない物質があらわれます。この検査をしてみて数値が高ければ、より詳しい検査に進みます。数値はそのときの体調や病気の状況によってももとなるため、高い低いだけで確定診断ができるわけではありません。また、どんなガンの場合も「腫瘍マーカー」による検査だけではなく、さまざまな検査を行い、その結果を総合的にみて診断されます。「腫瘍マーカー」による検査は、あくまでも補助的な診断法だということを忘れないでください。

検査手順

基本的には血液検査で、「腫瘍マーカー」の値がわかります。必要に応じて、尿検査をする場合もあるでしょう。血液検査を行うためには、採血が必要です。詳しい検査手順については、【採血】のページで説明しているので、そちらを参考にしてください。

種類

「腫瘍マーカー」には、いくつかの種類があります。検査するガンの種類によって、マーカーも異なります。ここで、「腫瘍マーカー」の種類を表で紹介していきます。

腫瘍マーカー名

解説

SCC

子宮がん、肺がん、皮膚がん、食道がん、膀胱がんなどで高値を示します。他の病気はアトピー性皮膚炎、気管支炎、結核、腎不全などでも高値を示すことがあります。

PSA

男性のみに見られ、前立腺がんで高値を示します。他の病気は、良性前立腺肥大症や急性前立腺炎で高値を示すことがあります。

CEA

大腸がん、胃がん、膵臓がん、肝臓がん、胆道がん、肺がん、乳がん、甲状腺がん、卵巣がんなどで高値を示します。他の病気は、肝硬変、慢性肝炎、胃潰瘍、肺気腫などで高値を示すことがあります。

AFP

肝臓がんなどで高値を示します。がん以外の疾患では、肝硬変や肝炎、妊娠後半などでも高値を示すことがあります。

CA19-9

膵臓がん、胆嚢・胆管がんで特に高値を示します。さらに胃、唾液腺、気管支、前立腺、結腸、直腸、子宮内膜のがんでも高値を示します。他の病気は急性や慢性の膵炎、慢性肝炎、肝硬変、胆管閉塞、糖尿病などで高値を示すことがあります。

CA125

卵巣がんで特に高値を示します。さらに、肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がん、子宮内膜がん、胃がんなどで高値を示します。他の病気は、卵巣・子宮の良性疾患、腹膜炎、胸膜炎、生理時や妊娠初期にも高値を示します。

SLX

肺腺がん、卵巣がん、膵臓がんで高値を示します。他の病気は、びまん性汎細気管支炎、肺腺維症、重傷結核などでも時々高値を示すことがあります。

CA15-3

乳がんで高値を示します。さらに、卵巣がん、子宮がん、肺がん、膵臓がん、胃がん、大腸がんなどで高値を示すことがあります。

サイログロブリン

甲状腺がんで高値を示します。

早期発見できる病気

早期発見のために「腫瘍マーカー検査」が特に効果的な病気は、「前立腺がん」とされています。ガンがあるかどうかの診断以外に、治療効果の予測、治療に対する反応のチェック、術後の経過観察、再発の判断にも役立つと考えられています。すでに述べたように「腫瘍マーカー」は診断の目安にすぎません。数値が低かったからといって、安心しきらずに、きちんと定期検診を受けることをおすすめします。「腫瘍マーカー」の動きが、ガンの動きを正確に反映しているわけではないので、あまり一喜一憂せず冷静にみることが大事です。


ページの先頭へ