待合室へ



胃カメラ

消化器系の病気の検査方法として一般的に行われているのが、「胃カメラ」になります。健康診断などで、初めて「胃カメラ」を経験する人も多いでしょう。けれど、「何だか苦しそう…」と、健康のための一歩を踏み出せないでいる人もいるはず…。ここでは、「胃カメラ」の検査手順やラクに受けるコツなどを見ていきたいと思います。

どんな検査?

「胃カメラ」は、正式名称を上部消化管内視鏡検査といいます。内視鏡とよばれる小型のカメラを口から入れて、食道、胃、十二指腸と順に状態を観察していきます。消化器内の様子は検査室内にあるテレビ画面に映し出されて、医師はそれを見ながら細かな部分まで病変があるかないか、また病変の大きさ、広がり具合などを確認します。こうして、病気を発見することができます。口から「胃カメラ」を挿入する検査方法は、受ける側にとっては恐怖なのです。というのは、「胃カメラ」がいくら細くやわらかくなったとはいえ、喉の反射によって、無意識に吐き出そうとしてしまいます。このため、“オエッ”となってしまいます。喉を通って中に入ってしまえばラクにはなりますが、それでも気持ち悪さは続く…という人が多いでしょう。


その苦痛を和らげるための方法として、先端の細さがやく5ミリという「胃カメラ」が開発され、最近では口からではなく、鼻から入れる検査方法を取り入れている病院も増えてきました。鼻からの「胃カメラ」なら、苦しさや辛さがかなり軽減されます。鼻からの「胃カメラ」については、「ラクに受けるコツ」の項目でも触れています。

検査手順

「大したことはないよ」と言う人もいれば、「すごく辛かった」と言う人もいて、「胃カメラ」に対する印象は人それぞれだと思います。実際に検査を受けてみないことには、何もわかりません。というわけで、検査手順を説明していきましょう。安全かつ正確な検査を受けるために、検査前の注意事項は必ず守ってください。また、服用している薬があったり、心臓の病気や緑内障、前立腺肥大症など何か病気をもっている場合は、前もってその旨を医師に伝えましょう。

検査前日

検査前日は、遅くても夜8時頃までに晩ご飯を済ませましょう。晩ご飯のあとは何も食べないで下さい。12時までは乳製品以外であれば、水分補給(ジュース、お茶、水)して構いません。

検査当日

水かお茶での水分補給は構いませんが、朝食はとらないでください。女性の場合、化粧はしない、またはできるだけ薄くして口紅やマニキュアなどはつけないようにしましょう。また、検査で鎮静剤を用いる場合があるので病院に行く際には歩きか、公共の交通機関を利用してください。

検査前

まずは、胃の中の泡を消す薬を飲みます。次に喉の麻酔をします。ゼリー状の麻酔薬を喉の奥のほうで溶かしていき、喉元の感覚をマヒさせます。もう一度、麻酔スプレーを検査の直前にします。

検査中

あとは体の力を抜き、医師の指示に従いましょう。口の中にたまったツバは飲み込もうとせず、外に吐き出してください。

検査後

検査が終わっても約1時間は、喉の麻酔が切れません。1時間後に水を飲んでもむせないことを確かめてから、食事をとるようにしてください。


※検査の手順については、病院によって多少異なることがあります。

ラクに受けるコツ

苦しい印象の強い「胃カメラ」をラクに受けるにはどうすればいいのでしょう?もちろん、それは医師の技術にかかっているのですが、それ以外にも検査に前投薬を取り入れている病院を選ぶといいでしょう。前投薬とは、検査をする前に使う薬のことをいいます。適切な前投薬(鎮静剤)を使うと、苦痛を和らげてラクに検査することができます。そのほか、鼻からの「胃カメラ」を行っている病院も増えているので、そういったところを探すことも1つの手です。これは「経鼻(けいび)胃カメラ」といい、挿入時の痛みや吐き気がほとんどありません。また、マウスピースが不要のため、会話をしながら検査を受けられることから、精神的にもリラックスできるでしょう。

バリウム検査との違い

胃の検査方法には「胃カメラ」のほかに、「バリウム検査(胃透視)」があります。どちらの検査にも良い点と悪い点があるので、一概にこっちの検査のほうがいいとはいえません。検査を受ける人に合った方法を選ぶことが大切です。

「胃カメラ」の場合

胃の粘膜の色がわかり、かつ組織検査ができます。

喉の反射によって、苦痛を伴います。

「バリウム検査」の場合

胃の全体的な形や胃下垂、胃の伸び具合がよくわかります。

食道や胃の動きなどを確認できます。

検査後、便秘が起こりやすくなります。


ページの先頭へ