待合室へ



検査

病院では、患者さんの病気を正確に診断し、適切な治療を行うためにさまざまな検査を行います。採血や尿検査、心電図など…これらは、すべて検査室にて行われます。検査結果によって治療法が変わるので、とても重要です。メディアなどでは、あまり取り上げられることのない検査室について見ていきましょう。

検査室って?

この検査室で行ういろいろな検査は、病気の診断や治療効果、予後の判定などの際に大事な役割を果たします。

バーコードでのオーダリングシステムや自動分析装置、超音波診断装置など最新の装置を取り入れている病院が多く、正確な検査結果をすばやく報告しています。

ここで調べられて出た結果が、患者さんの治療法を左右してしまいます。このため、慎重な作業が求められます。

業務内容

検査室では毎日、どのような業務が行われているのかを紹介しましょう。

血液検査

白血球、赤血球、血小板の数とヘモグロビンの濃度、白血球の種類の分類などを行っています。炎症や貧血、血液に関する病気の診断や病態を確認するために使います。普通の血液検査のほかに、凝固検査も行います。これは、血液の固まる力をチェックする検査です。出血しやすかったり、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などで血液を固まりにくくする薬を服用している場合、薬がどのくらい効いているのかを診ます。病院によっては検査室のとなりに採血室があります。このような場合は採血業務も併せて行うことになります。検体運搬もすばやく済み、さらに緊急検体測定の時間短縮にも役立ちます。

生化学検査

生化学検査も、採取した血液から行います。検査項目は電解質、肝機能、腎機能、脂質、糖質など約30項目あります。これらを組み合わせることで、臓器の病気を診断したり、治療中の病気の経過観察をします。

一般検査

一般検査の主なものは、尿検査になります。尿定性検査と尿沈査検査に分けられ、尿定性検査は尿中のタンパクや糖、潜血があるかどうかを調べます。尿沈査は尿を遠心分離したあと、その中の下に沈んだ部分を顕微鏡で細胞、細菌、結晶などの種類や数を調べます。

輸血検査

けがや病気などで大量出血してしまった場合には、輸血が必要になります。輸血する血液が実際に患者さんの体内に入ったとき、問題が起きないかどうかを調べる交差適合試験を行います。

細菌検査

何らかの細菌によって発症したと疑われる病気の場合に、細菌検査を行います。普通の検体であれば3~6日間観察します。

生理検査

体内の各器官の大きさや動きなどを診るための検査が、生理検査になります。心電図や超音波(エコー)などをはじめ、聴力検査、肺機能検査、脳波検査などを行います。

臨床検査技師

臨床検査技師は、病院や検査センター、保健所などでさまざまな検査を行います。臨床検査技師によって調べられた、患者さんの身体に関するいろんなデータにもとづいて、医師が診察・治療をします。医学の進歩に伴って、日々新しい検査項目が追加されています。このため、臨床検査技師には最新の分析機械を常にうまく使いこなしていく能力が求められます。さらに、患者さんと接する機会も多いので、コミュニケーション能力も重要になってくるでしょう。


ページの先頭へ