待合室へ



慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

慢性副鼻腔炎は、蓄膿症としても知られています。鼻の調子が悪くて受診すると、風邪やアレルギー性鼻炎と診断されることが多いかもしれません。ですが、その前に慢性副鼻腔炎を疑ってみましょう。ここでは、その症状や治療法、花粉症との関係など…どんな病気かを説明していきたいと思います。

どんな病気?

急性副鼻腔炎を何度も繰り返したり、治らずに3ヶ月以上も長引いていると、慢性副鼻腔炎ということになります。別名を蓄膿症ともいいます。副鼻腔炎にかかると、鼻と副鼻腔をつないでいる小さな穴が粘膜のはれで閉じられてしまい、常に副鼻腔にたまった膿が鼻腔のほうに出にくい状態になります。それによって、どんどん膿がたまっていき、ますます粘膜のはれもひどい状態に…。まさに、蓄膿症という名の通りの症状です。また、原因としては急性副鼻腔炎の繰り返しのほか、遺伝的体質やアレルギー、鼻の粘膜が厚くなる肥厚性鼻炎、栄養のかたより、生活環境などが挙げられます。このため、原因の特定が難しい病気ともいわれています。

主な症状

慢性副鼻腔炎の主な症状には、鼻づまりや粘つきのある鼻水(ときには白くてサラサラしている鼻水)、ドロッとした鼻水が喉に流れ落ちる後鼻漏以外に、頭痛や嗅覚障害といって、ニオイを感じられなくなってしまう合併症を起こす場合もあります。鼻の症状は一般的に両側に見られます。最近は原因がアレルギーであることが多く、さらに医療の進歩も手伝って、症状が軽くなりつつあるという報告がされています。とは言うものの、慢性副鼻腔炎が治るまでに時間のかかる病気であることには変わりありません。


また、最近は慢性副鼻腔炎に悩んでいる子供も少なくありません。子供の場合は、大人と少し状態が異なります。これは、ちょうど成長期に発症しやすいことに関係しています。主な症状は、鼻づまりと鼻水です。このほか、鼻づまりによって口呼吸、いびき、鼻声、咳払い、頭痛、倦怠感などがあります。ちなみに、子供の慢性副鼻腔炎は成長過程で自然に治っていくことが多いですが、なかには治らずに成人性のものに移っていく場合も考えられます。そうなる前に、食い止めなければいけません。

検査と診断

慢性副鼻腔炎の場合、視診では鼻ポリープが認められることが多いです。この鼻ポリープが見られると、慢性副鼻腔炎の疑いが大きいでしょう。単純X線検査やCT検査などの画像検査を行い、診断します。特にCT検査は、確定診断のためにとても重要な検査になっています。

治療法

治療の基本は鼻腔をキレイにし、点鼻薬をつけ鼻洗浄などを行ったり、抗生物質を服用したりします。それでも改善しない場合は、手術を行います。手術は鼻ポリープができていたり、鼻づまりがひどい場合に特に必要となります。骨を大きく削ったり、粘膜を完全に除去したり、口側からの切開を行ったりする以前の手術方法とは違い、今は内視鏡を用いての手術が一般的です。手術時間は両方の鼻で約1~2時間、入院期間は1週間から10日間くらいかかります。もし手術が必要になった場合でも、この治療方法ならいい効果が得られるため、行う病院が増えています。

花粉症の人は要注意!

花粉症の季節が終わったのに、まだ鼻がグズグズして耳鼻科に行ったら蓄膿症と言われた…という経験がある人いませんか?慢性副鼻腔炎(蓄膿症)は、花粉症の後遺症ともいえるでしょう。花粉症が長引くと鼻腔や副鼻腔で起きたアレルギー反応のせいで、粘膜が厚くなってしまいます。これによって粘液がたまりやすい状態になり、次第に細菌は増えていきます。こうして、少しずつ慢性副鼻腔炎へと移行します。花粉症持ちの人で時季が過ぎたあとも、たんのからみが治らないときは慢性副鼻腔炎も疑ったほうがいいかもしれません。


ページの先頭へ