待合室へ



睡眠時無呼吸症候群

激しいいびきが気になって耳鼻咽喉科に行ったところ、睡眠時無呼吸症候群と診断された…という人が増えています。注意力が低下して、事故の原因になる可能性もある怖い病気です。ただの寝不足と甘く見ず、思い当たる節があれば早めに受診しましょう。症状や治療法などを説明するので、参考にしてください。

どんな病気?

無呼吸とは、10秒以上呼吸が止まってしまうことをいいます。睡眠中に、この無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態を、睡眠時無呼吸症候群(SAS:サス)といいます。この睡眠時無呼吸症候群という病気は、正確には3種類に分けられますが、ほとんどの場合は閉塞型睡眠時無呼吸症候群になります。これは、空気の通り道になる気道がふさがってしまったり、部分的に狭くなることで起こります。睡眠中に無呼吸になると血液中の酸素が不足したり、夜中に何度も目が覚めて眠れなくなる、いびきがひどくなるなど、健康に悪影響を及ぼします。

主な症状

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状としては、いびきと無呼吸が挙げられます。起きているときは、気道周辺の筋肉が緊張状態になっているため、無呼吸にはなりません。ところが、寝ているときは緊張がなくなり、気道が閉じて無呼吸になってしまうのです。換気ができなくなることで、寝息もたてなくなります。このほかにも、いろんな症状が見られます。起床時の頭痛、夜眠れないことで昼間に強い眠気におそわれたり、倦怠感、頭がボーっとしたりします。また、夜中に何度もトイレに起き、寝相が悪くなったり、寝汗に悩まされることもあります。さらに、集中力や記憶力低下などの症状も大きな問題になります。

検査と診断

確定診断には、睡眠ポリグラフ検査が行われます。寝ている時の脳波、呼吸、筋電図、心電図、血液中の酸素などを測定するものです。ただ、この検査はまだ、全国すべての病院で受けられるわけではないので、睡眠時無呼吸症候群を専門に扱っている病院を受診してみるといいでしょう。ちなみに、これを受けるには検査入院が必要です。


また、パルスオキシメーター検査や携帯型モニター検査なども行われます。パルスオキシメーター検査では、指先につけたセンサーで血液中の酸素状態や脈拍数を測定します。一方の携帯型モニター検査では、指先センサーのほかに呼吸センサーをつけて、血液中の酸素状態や呼吸状態を測定します。

治療法

睡眠時無呼吸症候群は発症した原因によって、その治療法が変わってきます。原因となる病気の治療が大切になります。主な治療法としては、減量、扁桃腺の手術、鼻の手術、マスクを使って鼻から空気を通すシーパップ(CPAP)療法と呼ばれる治療法、寝るときのマウスピース装着などが挙げられます。なかでも、シーパップ(CPAP)療法というものを初めて聞いた人もいるでしょう。これは持続陽圧呼吸療法といい、専用の装置からのびたホースとマスクを使って気道に空気を送ります。この治療をすることで気道のふさがりを防ぎ、無呼吸やいびきの回数が減って、症状が改善されます。さらに、肥満をはじめとする生活習慣病の治療も重要で、規則正しい生活を心がけましょう。また、横向きで寝ると効果的です。

アナタは大丈夫?

どんな人が、睡眠時無呼吸症候群になりやすいのでしょうか?ここで、眠気のテストをしてみましょう。このテストは1つの目安に過ぎません。当てはまらなくても体調に異変を感じたら、できるだけ早く医師の診断を受けてください。

0絶対ウトウトしない
1時々ウトウトする
2ウトウトすることがよくある
3いつもウトウトしている

状況

点数

1.座って読書しているとき

0・1・2・3

2.テレビを見ているとき

0・1・2・3

3.車に1時間乗せてもらっているとき

0・1・2・3

4.劇場などで静かに座っているとき

0・1・2・3

5.午後に休憩しているとき

0・1・2・3

6.座って人と話しているとき

0・1・2・3

7.おさけを飲まず、昼食後静かに座っているとき

0・1・2・3

8.座って手紙などを書いているとき

0・1・2・3

10点以下

今のところ、正常な睡眠状態のようです。引き続き、規則正しい生活を心がけてください。ただ、自分では何ともないと思っていても、周囲から居眠りやいびきなどを指摘されたことがある人は要注意です!

11点以上

病的な眠気が見受けられます。睡眠時無呼吸症候群の可能性もあるので、早めの受診をおすすめします。


ページの先頭へ