待合室へ



耳鳴り

耳や頭の中で鳴り響く耳鳴り。長いこと悩まされているにもかかわらず、見た目にはわかりにくいため、周囲には理解されないことも多いでしょう。我慢しているとイライラは募っていきますし、何よりも難聴になるおそれがあります。ここでは、耳鳴りの主な症状や治療法などを説明していくことにしましょう。

どんな病気?

耳鳴りとは、周囲の音とは関係なく、音を感じる状態のことをいいます。なので、もし周囲では何も音がしていなくても、自分の耳や頭の中では音が鳴り響いています。耳鳴りは症状なので、病名ではありません。小さく聞こえたり、大きく聞こえたり、ザーと聞こえたり、キーンとしたり…音色も音の大きさも人によって異なります。耳鳴りが起こるそもそもの原因は詳しくわかっていないのですが、耳鳴りが起こると同時に難聴を併発する場合が多いといわれています。また、他の病気の症状として耳鳴りがあらわれることもあります。代表的な病気に、突発性難聴やメニエール病、耳管開放症、高血圧症などが挙げられます。


疲れがたまっているときに静かな場所に行って、突然耳がキーンとしたり、ジーといったりしたことはありませんか?何も音のしない場所なのに、自分だけ音を感じて不安に思う人もいるでしょう。けれど、これは一時的なもので、すぐに感じなくなります。このタイプの耳鳴りは何の心配もいりません。一方、感じる音が次第に大きくなったり、急に聞こえにくくなったり、気になって夜も眠れなくなるほどひどい場合は、放っておかずに早めに受診しましょう。耳鳴りの中にも、ごくまれですが脳腫瘍からくるものもあります。

主な症状

耳鳴りの症状には、さまざまな種類があります。別の病気などが原因となって起こる耳鳴りの場合、「耳や頭の中で音がする」という症状のほか、難聴、めまい、頭痛、吐き気などの症状を引き起こすことがあります。

種類

主な症状

自覚的耳鳴り

自分だけに聞こえる

他覚的耳鳴り

周囲にも聞こえる

突発性耳鳴り

急に起こる

慢性的耳鳴り

長い期間続く

低音性耳鳴り

ブーンという低い音が聞こえる

高音性耳鳴り

キーンという高い音が聞こえる

単音性耳鳴り

1種類の音だけが聞こえる

雑音性耳鳴り

何種類もの音が聞こえる

検査と診断

耳鳴りの多くは、耳の病気や耳周辺の器官の病気によって起こります。そのため、耳や鼻、のどを診ることで何らかの炎症を見つけたり、外耳や中耳の病気による耳鳴りかどうか、おおよその診断をすることができます。耳鳴りの検査は、耳鼻咽喉科検査、聴力検査、X線検査、聴覚心理を用いた客観的な耳鳴り検査などを行います。こうして色々な検査をして、耳鳴りの原因となる病気や性質を診断します。

治療法

疲れがたまったり、睡眠不足になると、それは自然とストレスになります。そのストレスが耳鳴りに大きく影響するので、治療には抗うつ剤や抗不安剤などが使われます。症状そのものを治療する薬ではありませんが、精神的な不安や負担を和らげる効果があります。ほかに、自律神経や血液の流れを調整する薬が使われたり、急性の激しい耳鳴りにはステロイド薬が使われることもあります。

上手な付き合い方

一度耳鳴りがしはじめると、なかなかすぐには治まらないことも多いでしょう。イライラして、ストレスをためていき、それが耳鳴りを余計に悪化させてしまう…そんな悪循環になります。症状を改善するための投薬治療も大切ですが、メンタルケアも同時に行っていくことが重要です。特に精神的な不安が大きい人は、メンタルケアを受けることをおすすめします。ただ、耳鼻咽喉科ではメンタルケアを行うことが少ないため、先生に心療内科や精神科を紹介してもらうように頼んでみてください。


ページの先頭へ