待合室へ



嗅覚障害

私たちは生活の中で、色んなにおいをかいでいます。そのにおいのおかげでリラックスできたり、食事をおいしく感じたり、キケンを感じることもできます。このように、ニオイは重要な役割を果たしています。最近は、においがわからなくなる嗅覚障害を持っている人も少なくありません。ここでは、主な症状や治療法などを説明しましょう。

どんな病気?

鼻の内側にはにおいを感じる粘膜があって、この粘膜を嗅粘膜といいます。空気中に含まれているにおい分子が嗅粘膜に触れることで、その刺激が嗅神経に伝わります。さらに嗅神経を通じて、大脳へと送られてココでにおいを認識することができます。

このにおいを感じる経路のどこかにもし何らかの障害が起きていれば、においがわからなくなってしまうというわけです。このような嗅覚の異常が発生する原因は、病気やけがによるものだったり、精神的ストレスによるものだったり…実にさまざまです。

主な症状

嗅覚障害の主な症状は、においがわからない(または、わかりにくい)嗅覚脱出減退と別のにおいを感じたり、嗅覚過敏になったり、自分だけ悪臭を感じるなどの嗅感覚障害に分けられます。このうち、嗅覚脱出減退は大きく3種類に分けられます。下記のほか、呼吸性と抹消神経性が混合している混合性嗅覚障害もあります。

呼吸性嗅覚障害

鼻道が狭くなっているために、においを起こす物質が嗅上皮まで届かないため、においを感じなくなります。鼻炎や鼻ポリープ(鼻茸)、鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)、腫瘍などが原因で起こります。

末梢神経性嗅覚障害

嗅細胞に何らかの障害があるために、においを感じなくなります。鼻炎や副鼻腔炎、刺激性のガスを吸い込んだりしたことなどが原因で起こります。

中枢神経性嗅覚障害

大脳の嗅覚中枢、または中枢までの神経路に何らかの障害があるために、においを感じなくなります。脳腫瘍や脳の外傷だけでなく、ヒステリー、神経症などが原因で起こることもあります。

検査と診断

まずは「風邪をひいたか」「有害なガスを吸った覚えはないか」「転んで頭を打ったか」といった問診を行います。次に鼻鏡や内視鏡を使って鼻腔内を観察して、鼻粘膜の炎症や腫れの程度などを診ます。また、単純X線検査で副鼻腔炎や鼻腔腫瘍によって骨がおかしくなっていないか、鼻腔内の通気などを調べます。さらに、CTやMRIなどの画像検査を行う場合もあります。


嗅覚障害の治療法は、程度によっても異なります。その程度を調べるには、嗅覚測定用基準臭検査や静脈注射法などの検査を行います。嗅覚測定用基準臭検査は花や腐敗臭など5種類のにおいを利用して、7~8段階の濃度になっている試薬を嗅ぎ分ける検査になります。 一方、静脈注射法はニンニク臭のするビタミンB1剤を静脈注射して、においが発生するまでの時間 と発生してから続く時間を調べたうえで、診断します。

治療法

上の項目でも触れたように、嗅覚障害の治療法は症状の度合いや、その原因などによっても違ってきます。一般的に効果的だとされているのは、ステロイド薬による薬物治療です。アレルギー性鼻炎に伴う呼吸性または末梢神経性の嗅覚障害には内服が、呼吸性・末梢神経性を問わないものには点鼻薬での治療が有効です。ただ、どちらも注意しなければいけないことが…。前者は副作用があることを覚えておきましょう。副作用があるので、長期間の服用はしません。また後者の場合、頭を後ろに倒した状態ではなく、自分のおへそを見るような状態で点鼻するようにしてください。中枢神経性嗅覚障害の治療法は、原因となる病気の治療が中心になります。ちなみに、慢性副鼻腔炎に伴う嗅覚障害の場合は、内視鏡手術が効果的といわれています。


ページの先頭へ