待合室へ



鼻血

鼻血は、興奮したときや長時間暑いところにいてのぼせたときなどに見られる症状です。特に子供の場合、大人より鼻の粘膜が薄いため出血しやすいといわれています。急に鼻血が出ても慌てずに対処しましょう。ここでは、症状や家庭での止血、病院での治療法などを説明していきましょう。

どんな病気?

鼻血の主な原因は、鼻の中をひっかいて粘膜に傷をつけてしまうことです。なかでも子供はかゆかったり、ムズムズするときに鼻の穴を指でほじってしまうと鼻血が出やすい状態になります。さらに、頻繁に鼻をかんだり、咳込んで一時的に血圧があがったりすることでも鼻血が出ます。この場合は量も少なく一時的なものなので心配ありませんが、繰り返し出る場合は一度耳鼻科を受診することをおすすめします。鼻血の多くは、キーゼルバッハ部位が傷つけられることが原因です。このキーゼルバッハ部位は、鼻の穴の入り口にある柔らかい部分のことで、ここが傷つくと鼻血が出ます。


このほかにも、鼻に関係する病気や全身性の病気、大気汚染などによっても鼻血を出してしまうことがあります。このように病気などが鼻血の原因と思われる場合、もとの病気を治療しなければ、いつまで経っても鼻血は治りません。早めに受診しましょう。

主な症状

鼻血症状のほとんどは、軽いものです。指で鼻をほじったりする以外に、のぼせ、急な気温変化、刺激のある食べ物などによって症状が出る場合もあります。これは、上の項目で紹介したようにキーゼルバッハ部位が傷ついたことによるもの。少し鼻の中が切れたような感覚はありますが、出血量も少ないのですぐに止まります。慢性副鼻腔炎や鼻中隔湾曲症など、鼻に炎症が起こっているときも、この部分から出血します。


止血処置をしたあと20分以上経っても止まらなかったり、鼻をかむたびに血が混じる状態が長く続いたり、大量出血する場合には、何が他の原因があると考えたほうがいいかもしれません。高血圧症、糖尿病、動脈硬化症、白血病などの血液の病気、鼻のがんなどが原因として挙げられます。

検査と診断

病院では鼻血に対しても、きちんと検査を行います。主な検査内容は、血液検査、出血時間の検査、アレルギー検査、単純X線検査となります。これらの検査をすることで、原因を特定することができます。ただの鼻血なのか、それとも何か別の病気が隠れているのか、そこをハッキリさせることで適切な診断ができ、治療が施せます。

治療法

病院での治療法を紹介する前に、家庭での鼻血の止血方法を見ていきましょう。

止血方法

よく仰向けに寝て止血する人がいると思いますが、そうすると鼻血が喉に流れていってしまい、吐き気をもよおす原因になります。なので、仰向けにはならず、正面を向いて座るようにします。鼻の下のほうを親指と人差し指でつまみ、5~10分このままの状態でいます。同時に、冷たいタオルなどで鼻を冷やすといいでしょう。また、ティッシュを詰めるのは鼻を傷つける可能性があるため、よくありません。基本的には必要ありませんが、もしやるときは柔らかい布や綿を使って、奥まで詰めないように注意しましょう。

病院での治療法

応急処置の止血がうまくできなかったときは、すみやかに病院で受診しましょう。病院では、薬液を塗布してふくれている血管の処理、電気焼灼、またはガーゼ挿入などの治療が行われます。激しい鼻血が見られるときは、入院して手術する場合があります。

予防

子供の場合、鼻をほじるクセのある子供がいます。そういう子供には、ほじるのを止めさせましょう。特に寝ている最中は、無意識のうちに鼻をいじってしまうので、手袋をさせることもいい方法かもしれません。これが治療中であれば、なおさら注意しましょう。また、爪が伸びていると、いじったときに鼻の中を傷つける原因になります。このため、爪はこまめに切るよう心がけてください。さらに鼻の粘膜の乾燥を防ぐため、部屋の湿度にも気をつけたいものです。


ページの先頭へ