待合室へ



中耳炎

中耳炎は、耳の病気の一つとしてよく知られています。子供が多くかかる病気で、その割合は全体の約90%を占めています。風邪をひいたり、鼻炎などのアレルギー症状が出ていると、中耳炎になる場合があります。ここでは、主な症状や治療法など…中耳炎について説明していきましょう。

主な症状と病気

中耳炎は、中耳(耳の鼓膜から奥)の粘膜に細菌がかんせんして、炎症を起こす病気です。この中耳炎は大きく急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎に分けられます。その中でも、一番多いのが急性中耳炎なので、ただ単に“中耳炎”という言い方をするときは、急性中耳炎のことを指しています。中耳炎の原因として、特に子供の場合は大人よりも鼻や喉とつながっている耳菅が太くて短く、水平なので細菌が入りやすくなっていることが挙げられます。さらに子供は免疫力が弱く、風邪をひきやすいことも中耳炎の引き金になっています。また、滲出性中耳炎はまわりの組織から出てきた滲出液が、中耳にたまって起こりますし、急性中耳炎の症状が3ヶ月経っても治らなければ、慢性中耳炎になることがあります。なお、慢性中耳炎の中でも特殊なものに真珠腫性中耳炎があり、悪臭を伴う耳だれが出てきます。鼓膜のまわりに袋状の穴が開き、その中にカスがたまって、それがまわりの骨を溶かしながら少しずつ大きくなっていく病気です。

主な症状

同じ耳の病気ですが、「急性」と「滲出性」、「真珠腫性」では、症状が異なります。下記の症状が見られたら、早めに受診しましょう。

急性中耳炎

耳の痛み、発熱、耳鳴り、難聴、耳がふさがった感じなどの症状があらわれます。ひどくなると耳だれが出てきたりもします。ただ、小さな子供は症状を上手に伝えられません。頻繁に耳を触る、くずる、夜泣き、ミルクを飲みたがらない…こんな様子が見られたら、急性中耳炎を疑いましょう。

滲出性中耳炎

軽い難聴が主な症状としてあらわれます。小さな子供の場合、症状を訴えないことも少なくありません。テレビの近くで見る、頻繁に聞き違いをする、呼んでも返事をしない、元気がない…というようなときは注意が必要です。放っておくと、難聴が悪化する場合もあるので、親御さんの注意深い観察が重要になります。

真珠腫性中耳炎

痛みのない悪臭を伴う耳だれ、難聴の症状があらわれます。さらに症状が進行すると、めまいや顔面神経麻痺、発熱、激しい頭痛などが起こります。中耳炎を何度も繰り返している人は十分な注意が必要です。

検査と診断

中耳炎の多くは、視診と検査で診断することができます。まず、鼓膜の状態を直接診ることで診断します。検査はオーディオメーターという機械を使って行います。防音設備が整っている部屋で、外耳、鼓膜、中耳の音を伝える部分に障害がないかを検査します。これで中耳炎にかかっているかいないか、症状の度合いなどを調べます。

治療法

中耳炎には、どんな治療が必要になるのでしょう?治療法も「急性」と「滲出性」、「真珠腫性」では、少しずつ異なります。

急性中耳炎

膿がたまって鼓膜がはれている場合は鼓膜を少し切り、膿を出してから中耳に直接抗生剤を入れます。また、鼻汁が原因になることもあるため、中耳炎自体の治療のほかに鼻汁を取り除いて、鼻の通りをよくする処置も行われます。普通は、抗生剤での治療で、1週間以内にほぼ完治します。

滲出性中耳炎

急性中耳炎と同じように、抗生剤での治療とともに滲出液を取り除くため、鼻の中を洗浄し、耳管から中耳に空気を送って通気します。それでも治らないときはドレーンチューブを入れて、滲出液を出して中耳の換気をします。また、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などが原因になっていることもあるため、その場合はそっちの治療も同時に行います。

真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎の治療は、早期の手術が必要になります。鼓膜からのカスを取り除き、中耳内の気圧を正常に保つための手術を行います。合併症や病気の広がり方によって、手術方法が異なります。


ページの先頭へ