待合室へ



アレルギー性鼻炎

「アレルギー性鼻炎」に悩まされている人は、年々増えているといわれています。「子供の頃は何ともなかったのに大人になって症状が出た」とか「出産後、悩まされるようになった」など、発症時期も人それぞれ。ここでは、「アレルギー性鼻炎」がどんな病気なのか、症状や治療法などを説明していきましょう。

どんな病気?

「アレルギー性鼻炎」は、何らかのアレルギー反応によって発症する鼻炎のことをいいます。アレルギーにもいろんなものがありますが、なかでも遺伝的な要素が強いものは「アトピー疾患」とされています。「アレルギー性鼻炎」も、その「アトピー疾患」の一つで、年中起こる通年性のものと、特定の季節に起こる季節性のものがあります。ダニ、ペットの毛、スギやブタクサの花粉などが原因として挙げられます。ちなみに、花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」に含まれます。「アレルギー性鼻炎」の患者は年々増え続け、日本人の約20パーセントが発症していると考えられます。

主な症状

「アレルギー性鼻炎」にかかると風邪ではないのに発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状があらわれます。くしゃみは1日に何度も出て、鼻がムズムズしたり痛くなったりします。鼻水もしつこく、透明で水っぽいものが黙っていてもあふれてきます。また、粘膜のはれによって鼻づまりにもなります。ときには症状が目にも出て充血し、かゆみを伴うこともあります。どの症状もとても辛く嫌なものです。くしゃみや鼻水が何度もできるので、夜眠れないこともありますし、何より集中力・注意力が低下してしまいます。鼻のかみすぎで鼻の頭が赤くなり、皮がむけてヒリヒリ痛むことも…。さらに鼻づまりが進むと、口呼吸になって、そのうち食べ物の味がわからなくなる場合もあります。


これらは「アレルギー性鼻炎の3大症状」といわれ、自律神経のバランスと深い関係があります。自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、それらがバランスよく働いて、私たちの体の健康を保っています。日中活動するときは交感神経が、夜から朝にかけて体を休めるときは副交感神経が活発に働きます。アレルギー性鼻炎は副交感神経と関係しているので、症状が朝晩に強く出る傾向にあるのはこのためです。

検査と診断

「アレルギー性鼻炎」と診断されるまでに、どんな検査が行われるのでしょう?この病気の検査は2段階に分けられます。まずアレルギーによるものか、別の原因があるのかを調べます。そして、「アレルギー性鼻炎」とわかったら、次はアレルゲン(アレルギー反応を起こすもと)の検査をします。

1段階目の検査

問診、鼻鏡検査、鼻汁好酸球検査が行われます。問診では症状の経過や、家族にアレルギー体質の人いるかなどを聞かれます。鼻鏡検査で粘膜の状態を診て、鼻汁好酸球検査では鼻汁(鼻水)を採取して、顕微鏡で調べます。

2段階目の検査

皮膚テスト、血清抗体検査、誘発検査が行われます。皮膚テストは腕に実際にアレルゲン溶液をたらして、はれの大きさを調べます。また、血清抗体検査は採血し、血液中のIgE抗体量を調べ、誘発検査では鼻粘膜にアレルゲンをつけ、その反応を診ます。

治療法

病院では、薬物療法を中心に行います。抗アレルギー薬やステロイド薬の服用、点鼻薬を使うと効果的です。たいていの場合、この薬物治療で症状はかなりの改善が期待されますが、一気によくなるわけではないので、根気よく続けていくようにしましょう。


また「アレルギー性鼻炎」の治療法は、アレルゲンに触れないことが重要になります。そのためには生活環境や習慣を見直さなければなりません。部屋の中はいつも掃除してキレイにしましょう。また、服や寝具などの直接体に触れるものは特にこまめに洗濯することを心がけてください。さらに花粉の時季には外出を控えたり、玄関で服についた花粉を払ったり、外出時はマスクを着用するなどの対策が必要です。


ページの先頭へ