待合室へ



耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科は、耳、鼻、咽頭(のど)、発声する器官の喉頭などの疾患(病気)を専門的に扱っている診療科です。それぞれつながってはいるものの細かく分かれているため、耳鼻咽喉科の診療対象はとても広い領域に及びます。代表的なものとしては中耳炎やめまい、鼻炎、扁桃炎などが挙げられます。

主な症状と病気

耳鼻咽喉科は、聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚などの重要な感覚器を取り扱っています。さらに首(頚部)や気管、食道の病気なども耳鼻咽喉科の対象になっています。また、音声言語障害、嚥下(えんげ)障害、顔面神経や唾液腺の病気なども耳鼻咽喉科で診てもらうことができます。ここでは耳鼻咽喉科で扱っている主な症状と病気を紹介しています。


  発熱 めまい
耳鳴り
鼻水
鼻づまり
頭痛 食欲不振 吐き気
嘔吐
その他
中耳炎       耳の痛み・耳だれ
難聴         耳の閉塞感
めまい         耳の閉塞感
耳鳴り          
急性鼻炎      
慢性鼻炎             精神の不安定
アレルギー性鼻炎             くしゃみ
急性副鼻腔炎           鼻の痛み
慢性副鼻腔炎
(蓄膿症)
          いびき
鼻出血(鼻血)               のぼせ
嗅覚障害            
喉頭炎・咽頭炎            
扁桃炎           全身の倦怠感
伝染性
単核球症
          喉の痛み
睡眠時
無呼吸症候群
            いびき・昼間の眠気
声帯ポリープ               声がれ
喉頭がん           喉の痛み・声がれ

耳の構造と働き

耳は聴覚と、体のバランス感覚を司る平衡器官になります。外耳、中耳、内耳から成っています。

外耳

外耳は、弾性のある軟骨でできている耳介(じかい)と外耳孔(がいじこう)、それから外耳道から成ります。外耳道の内側には、アポクリン腺(耳道腺)という腺があります。

中耳

中耳は、鼓膜、鼓室、耳管から成ります。外耳道から入ってきた音波を骨振動に変えて内耳へと伝える働きがあります。中耳の鼓室内にはツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨という3つの耳小骨があり、内耳につながっています。

内耳

内耳は、蝸牛(がぎゅう)と前庭(ぜんてい)、三半規管から成ります。これらはすべて、リンパ液が入っている袋状になっています。蝸牛には音波振動を電気信号に変える、前庭と三半規管には体のバランスをとる働きがあります。

鼻の構造と働き

鼻は呼吸器の入り口になり、重要な器官の一つです。外鼻(がいび)と鼻腔(びくう)から成っています。吸い込んだ空気が肺にいく前に、ちょうどいい温度や湿度に調節する働きが鼻にはあります。さらに、鼻の役目はそれだけではありません!空気中のホコリや細菌などが肺に入り込まないようにする役割も持っています。そのほか、鼻は嗅覚器としても重要な役割を果たしていて、ニオイは基本的にエーテル臭、樟脳(しょうのう)臭、ジャコウ臭、花臭、ハッカ臭、刺激臭、腐敗臭に分けられています。

喉の構造と働き

喉も鼻と同じように、体の一番はじめの防御器官といわれ、咽頭と喉頭から成っています。

鼻の奥から声帯のすぐ下までを喉といいます。声帯は発声のための大事な器官ですが、気管への異物混入を防ぐ役割も持っています。

また、喉は食べ物や空気の通り道(気道)でもあります。


気道については【呼吸器科】のページで詳しく紹介しているので、そちらを参考にしてください。


ページの先頭へ